FC2ブログ

国立3上昼 3/4

 3月 4日(金)国立演芸場 昼席

国立演芸場3月上席四日目。
昨日に続いて三宅坂へ。


◆三遊亭わん丈 『寄合酒』

◆古今亭志ん八 『たらちね』
七輪の火を起こしながらの八五郎の独り言が何とも愉快。
志ん八さん、古典も好い味わいですねぇ。好演でした。

◆隅田川馬石 『元犬』
馬石師匠は動物が主人公の噺をよく演ってくれますね。
動物の表情や仕種が巧みなので、すっと噺へ引き込まれました。
好高座。

◆柳家紫文 俗 曲

◆入船亭扇辰 『家見舞』
面白可笑しく、比較的上品な方向に噺を仕上げてくれました。

◆古今亭志ん橋 『間抜け泥』
小里ん師の代演で志ん橋師登場。
十八番を演ってくれました。
“如何にもしくじりそう” な造形の泥棒が愉快。
面白かったなぁ。

~仲 入~

◆花島世津子 奇 術

◆金原亭馬の助 『権助芝居』~百面相
百面相で“線香花火”を演ってくれました。

◆ロケット団 漫 才
昨日と若干根多を入れ換えて相変わらずの爆笑高座。

◆五街道雲助 『明烏』
初々しい日向屋時次郎が出色の造形。
雲助師に命を吹き込まれた堅物の時次郎に春が訪れました。
振られた朝の “町内の札付の二人” の様子が実にまた愉快。
堪能しました。


入場時には暖かな日が差していたのに、跳ねて木戸を潜り出ると何や怪しい雲が。
『降られぬうちに帰りましょう』と急ぎ足。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR