FC2ブログ

国立3上昼 3/7

 3月 7日(月)国立演芸場 昼席

国立演芸場3月上席七日目。
強い雨の中を三宅坂へ。


◆桃月庵はまぐり 『金明竹』
はまぐりさんの『金明竹』はおそらく初めて聴く筈。
明瞭な口跡で素晴らしく面白く演ってくれました。
“素麺工場の掃除夫” が出て来たところから、白酒師匠直伝でしょう。
好演。

◆古今亭志ん八 『猫の皿』
駄洒落を言ってはむせかえる茶店の爺さんの造形が堪らなく愉快。
志ん八さん、古典も面白いなぁ。恐れいりました。

◆隅田川馬石 『安兵衛狐』
前方で “猫” が出ましたので、私、『果たして今日は動物の噺を演るかな?』と興味津々でした。
馬石師、迷う素振り全く無くさっと本編へ。
十八番を豊かな表情で。
いやぁ、巧い。狐になりきっています。幽霊もまた見事。
流石。

◆柳家紫文 俗 曲
“隠れ切支丹” の直前に “葬儀屋” を演り、同系統の下げを重ねて大きな笑いを獲りました。
流石ですねぇ。

実は私、入場する際に雨を避けて屋根のある所を選って歩いておりましたので、今日は楽屋脇の地下道を通って演芸場へ入りました。
その地下道で前座の小かじさんと行き合ったのですが、お互い “前のめりに崩れ落ちる” こともなく^^; 普通にすれ違う事が出来たのは何よりでした^^

◆入船亭扇辰 『一眼国』
香具師の下卑た様子が極めて現実味を帯びていましたので、すっかり噺へ釣り込まれちゃいました。
悪企みの表情が巧いなぁ、扇辰師匠。
芝居でも上手な役者さんが悪役を演ると一段と面白くなりますが、噺も同じですね。
好高座でした。

◆柳家小里ん 『不動坊』
吉つぁんの湯屋での “独り芝居” と言うのか “妄想” の場面描写が絶妙です。大笑い。
小里ん師十八番の『二階ぞめき』や昨日掛けた『三人兄弟』でも同系統の “独り芝居・妄想場面” が出て来ますが、こうした場面描写ではまず第一人者でしょうね、小里ん師は。
面白かったなぁ。

~仲 入~

◆マギー隆司 奇 術
花島世津子先生代演。
いつもの脱力感溢れる^^ 高座に大笑い。

◆金原亭馬の助 『手紙無筆』~百面相
馬の助師匠の百面相は何度観ても面白いなぁ。
これ、後継者の育成はしているのでしょうかね?
是非とも後々まで受け継いでいって欲しいものです。

◆ロケット団 漫 才
今日も爆笑。
突っ込みの間が絶妙。倉本先生大出来でした。

◆五街道雲助 『ずっこけ』
酔っ払い百態から本編へ。
十八番ですもの、文句無し。
至芸を堪能しました。


熱演、好演の続いた国立3月上席七日目。
抜群の充実度に『色物の挟まった “研究会” だね、まるで』など独りごちつつ、傘を巻きながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR