FC2ブログ

浅利演出事務所公演 この生命誰のもの 6/4

 6月 4日(土)浅利慶太プロデュース公演 この生命誰のもの 自由劇場

家人を伴って浅利演出事務所公演『この生命誰のもの』の初日へ。

○早田 健(患者) 近藤真行
○朝田婦長(病棟婦長) 坂本里咲 ○里村恵子(看護学生) 川畑幸香
○田原洋介(看護助手) 与那嶺圭太 ○北原まゆ(担当医) 野村涼子
○江間 隆(主治医) 山口嘉三 ○権堂令子(医療ケースワーカー) 田野聖子
○森山啓司(早田健の弁護士) 斎藤 譲 ○土屋 弘(精神科医) 田代隆秀
○川路明彦(早田健の弁護士) 畠山典之 ○馬場 晃(院外の精神科医) 山口研志
○安藤一郎(病院の弁護士) 志村史人 ○三村判事(裁判長) 田中美央

ベテラン揃いの中、主役の早田健を演ずる近藤真行の演技が出色。
今少し首を動かさずに演技出来たなら完璧と言える感じでしたが、心に残る演技を見せてくれました。
江間先生役の山口嘉三は流石の重厚感。
坂本、野村両人もまた素晴らしく安定した演技。
兎にも角にもカーテンコールで見せた主演近藤の『演りきった雰囲気』が印象的でした。

この舞台、各自がピンマイクを着けるのではなく声を上の照明で拾っていたのですかね?
途中少し(歩きながら喋る場面などで)集音が良くない感じがしました。


『うむ、実にこうどうも “芝居を観た感じ” がするね』など家人と語り合いつつ家路へ。



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR