FC2ブログ

浅草7下昼 7/28

 7月28日(木)浅草演芸ホール 昼席

『この頃寄席へ行っていない』と家人から一言 ^^;
二人の予定を合わせた所で香盤を見ましたら、浅草の顔付けが昼夜とも充実していて即決。
『どうせならば “お籠もり” しますか』と浅草演芸ホールへ。


春風亭百んが 饅頭怖い
柳家ほたる 幇間腹
柳家小せん やかん
青空一風・千風 漫 才
柳家東三楼 時そば
五明楼玉の輔 生徒の作文
ダーク広和 マジック
古今亭文菊 強情灸
三遊亭歌之助 漫 談
ホームラン 漫 才
春風亭百栄 手水廻し
入船亭扇遊 一目上がり
鏡味仙三郎社中 太神楽
隅田川馬石 粗忽の釘
鈴々舎馬風 漫 談

~仲 入~

柳家甚語楼 権助芝居
笑組 漫 才
古今亭菊之丞 蛇含草
柳家小満ん かぼちゃ屋
林家正楽 紙切り
柳家権太楼 幽霊の辻


◆百んが 『饅頭怖い』
余り滑舌は芳しくないのですが、何とも言えぬ面白味。
ただ、眼鏡を掛けたままの高座に違和感あり。

◆ほたる 『幇間腹』
最前列で『待ってました!』の声。
以前より表情が穏やかになった印象。
好高座。
下がる際に声掛けのご贔屓から御祝儀。浅草だなぁ。

◆小せん 『やかん』
“愚者” を強調せず上品に演ってくれました。
軽い味わいで心地良し。

◆一風・千風 漫 才
初めてだと思います。
上手の一風さん、好い声だなぁ。
千風さんが『京都の善光寺というお寺さんのご住職が・・・』とやって、先程の “声掛婦人” から『善光寺は長野よ』との指摘。
一風さん『三人で演りましょうか?』と絶妙の返し。大笑い。

◆東三楼 『時そば』
真打昇進直前位の時期以来かしらね。
まぁ、久し振りなのですが今日の力の抜けた高座には舌を巻きました。
好演。

◆玉の輔 『生徒の作文』
力が抜けていると言えば玉の輔師の代名詞でしょうけれども(?)きっちり客席を温めて下がりました。
流石。

◆文菊 『強情灸』
こういう表現方法も採り入れているのかぁ。
豊かな表情でやや大袈裟に演ってくれました。
これもまた好いですね。

◆百栄 『手水廻し』
舞台を江戸へ移し、面白可笑しく。
好高座。

◆扇遊 『一目上がり』
素晴らしく愉快な高座。
大笑い。凄いなぁ。

◆馬石 『粗忽の釘』
粗忽者と言うよりやや与太郎気味なのですが、これもまた愉快な雰囲気。
好演。

◆甚語楼 『権助芝居』
抜群の面白さ。
田舎言葉を強調する事なく田舎者の雰囲気を伝えてくれました。
巧いなぁ。好高座でした。

◆菊之丞 『蛇含草』
此方も好演。
下げが理解出来ないお客様を置いてさっと下がりました。
粋だねぇ。

◆小満ん 『かぼちゃ屋』
何と表現すれば適切なのだろう。
『何はともあれ生で観て聴いていただけたら、その凄さを理解していただけます』って感じかな。
素晴らしい高座。面白かったなぁ。

◆正楽 紙切り
鋏試し線香花火、隅田川の花火、鰻、熊のプーさん
川で鰻を手掴みの図、傑作でした。

◆権太楼 『幽霊の辻』
おお、この噺に出くわすとは慶ばしい。幸運でした。
少し刈り込み気味ながら、面白味は損なわれません。好高座。


続いて夜席へ。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR