FC2ブログ

桃月庵白酒と愉しい仲間たち 9/13

 9月13日(木)【DOURAKUTEI出張寄席】 桃月庵白酒と愉しい仲間たち 「我ら、雲助の弟子でござる」 牛込箪笥区民ホール

道楽亭による白酒師の新しい落語会。
その第一回は、助演に同門の隅田川馬石師と蜃気楼龍玉師を迎え賑々しく幕開けとなりました。

今夜は噺も勿論ですが、五街道一門の鼎談も楽しみです。

◆金原亭駒松 『狸札』

◆桃月庵白酒 『錦の袈裟』
与太郎と女房、与太郎と和尚、いずれの場面でも会話中の与太郎の目の動きが素晴らしいですね。
泳ぐ視線、定まらぬ焦点、これ難しいでしょうねぇ。

与太郎を指して『あの方が殿様だよ』と言うのを、白酒師は遣り手ではなく妓楼の主人に言わせました。
なるほど主人の見立てなのですから、その後の与太郎の「独り勝ちっ振り」もまさに合点がいくというもの。
非常に理にかなった演出だと感心しました。
面白かったなぁ~。

◆蜃気楼龍玉 『駒長』
十八番を掛けて来ました。
相変わらずお駒が絶品。
『明ければ米の一升買い、暮れれば油の一合買い』の一節が、客席をお駒長兵衛の日常へ連れて行ってくれます。
お駒に告白(ここではまだ演技な訳ですが)された瞬間の丈八の表情の緩み方がまた見事。
お駒はこの表情に丈八の実を見て、逃げる腹が固まっていったのかも知れませんね。
素晴らしい高座でした。

◆隅田川馬石 『火焔太鼓』
くすぐりもそのままに、懐かしい志ん生師の型を再現してくれました。

私がこの噺の肝だと思う部分、
お屋敷から戻ってきて甚兵衛さんが女房に小判を出しながら得意がる場面、
まぁ普段口うるさい女房から一本取るといいますか、一泡吹かせるところ、
ここを丁寧に演出してくれましたので嬉しかったなぁ。

今夜の馬石師の演出のように
甚兵衛さんが無闇に得意がる~女房、へこみながら感心~甚兵衛さんますます得意がる~女房が甚兵衛さんに惚れ直す、ぐらいまで上げて上げててっぺんまで行って
最後にまた女房が主導権を取り戻す感じで『半鐘はいけないよ~、おじゃんになるから』と下げないとね。

この場面、丁寧に描くのみならず畳み掛ける口調が欲しいところ。
なんというのだろう「追い込み感」とでも表現すればよいのか
志ん生師や志ん朝師のような前のめりの喋りでなかったのが残念。
ただ私は先代馬生師、雲助師の『火焔太鼓』を知りませんので、これはこういう型なのかもしれません。

~仲 入~

◆鼎談
素人時代から入門当時、雲助師の稽古などの話しを三人で。
『困った時には師匠に頼る』
『師匠口調が出てくるのはそんな時』
なぁ~んて面白い話しをたくさん聞くことが出来ました。
好企画。

◆桃月庵白酒 『抜け雀』
若い絵師も老絵師も墨は自ら摺り、宿の主人に衝立を斜めに固定させて絵を描きます。
なるほどこれが本当でしょうね。
立てて描いていたらマンガ太郎先生だ。
また、自ら墨を摺る最中話しかける宿の主人を叱りつけるのですが、
この場面が挿入されることで両絵師の武張った感じが強調されます。

この『抜け雀』つい先だって喜多八師でも聴きましたが、
この噺には矢張り、古今亭に受け継がれる侍の描き方の確かさが重要なのだなぁ~、と感ずる次第。
今夜の白酒師は、絵師親子の持つ威厳、武士らしい立ち居振る舞いを色濃く演じてくれました。
この武士の威厳が表現出来きれていないと、仕官叶って再び小田原へ現れた絵師が衝立に頭を下げ挨拶をする場面が生きて来ない。
従ってこの場面を割愛したり、軽く演ずることになって、結果的に下げが薄まってしまうのですね。
素晴らしい出来。堪能しました。


雲助一門、師匠も含め四人四様。
個性を出しつつも古今亭金原亭の芸を、それぞれがそれぞれの形で受け継いでいるのだなぁ、と感服しました。

鼎談で『困ってくると師匠口調になってくる』と三人ともが言っていましたが、芸の伝承はつまるところそんなものなのかも知れません。
起居を共にする濃い関係だからこそ、ひょんなところで師匠の癖が出たりするものなのでしょう。
まさに「身内」なんですね。

家人と二人それぞれの感想を言い合いながら家路へ。
いつもよりも私の口数が少なかったのは、近所に住まわれていた志ん朝師の高座を思い出したせいかなぁ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR