鈴本2中夜 2/17

 2月17日(金)鈴本演芸場 夜席

鑑賞歴の長い友人を誘って鈴本演芸場。
今夜は雲助師『淀五郎』。

春一番の吹く暖かさに皆さん外出を誘われたのか、道中大渋滞。
到着した時点で既に入場が始まっていました。
“お独り様” の両脇の席に分かれて座ったところ、そのお客様が快く席を譲って下さったのでご厚意に甘え、坐り直して開演を待ちました。席を空けていただいた方、ありがとうございます^^


橘家門朗 雑俳
古今亭駒次 戦国鉄道絵巻
三増家紋之助 曲独楽
橘家文蔵 桃太郎
隅田川馬石 金明竹
ホンキートンク 漫 才
柳家はん治 背なで老いてる唐獅子牡丹
桃月庵白酒 元帳

~仲 入~

柳家小菊 粋 曲 
春風亭一朝 看板のピン
林家正楽 紙切り
五街道雲助 淀五郎 

◆門朗 『雑俳』
口跡がはっきりとしていて聴き取り易いですね。
表情も豊か。
語尾をやや伸ばし気味に放り投げる様な喋り方が特徴的です。
面白かったです。

◆駒次 『戦国鉄道絵巻』
初めて聴きました。
抱腹絶倒。
“新作江戸落語” の傑作だと思います。
素晴らしかった。

◆文蔵 『桃太郎』
燕路師代演。
出番を考えて軽目に演りましたかね。

◆馬石 『金明竹』
十八番を繰り出して師匠の応援と言ったところ。
好高座。
跳ねた後、同行した友人が『あれは凄いね』と大いに感心していました。

◆はん治 『背なで老いてる唐獅子牡丹』
はん治節炸裂。何度聴いても面白い。

◆白酒 『元帳』
ほぼ満員の客席を見渡しながら長い雑談の後本編へ。
『替り目』まで行けたのじゃないかなぁ、雑談を割愛していたならば。
酔っ払いの仕種は流石。

◆一朝 『看板のピン』
枕で “ピン” と “グ” 、そして “ちょぼいち” を仕込みました。
文句なし。

◆正楽 紙切り
鋏試し相合傘、梅に鶯、トランプ大統領、春一番
安倍首相と向き合うトランプ大統領、お見事。

◆雲助 『淀五郎』
私、元々この噺が好きですが、雲助師の『淀五郎』はまた別格の感じ。
“これ以上の『淀五郎』は生きている内に聴くことが出来ないのではないか?” と思わせてくれます。
芝居中の科白が写実的で、実際に歌舞伎を観ている気分になりますね。
團蔵、仲蔵、淀五郎の人物像を、僅かな仕種や口調で簡潔且つ丁寧に描写してくれました。
素晴らしい高座でした。38分があっと言う間。
堪能したなぁ。


跳ねて友人と『主任が重い噺なので前方は全員軽く演った感じだね』
『 “淀五郎” って噺は特別な “大噺” との位置付けなのだろうね』
などお喋りしながら家路へ。
いやぁ好かったぁ。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.02.19 Sun10:56
うーむ、これも見損じました。
喜洛庵上々 URL|
#- 2017.02.20 Mon09:49
「時機が合わない」という事がありますもの^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR