国立劇場三月歌舞伎公演 伊賀越道中双六 3/17

 3月17日(金)三月歌舞伎公演 伊賀越道中双六 国立大劇場 

国立劇場開場50周年記念
通し狂言 伊賀越道中双六  五幕七場
近松半二ほか=作
国立劇場文芸研究会=補綴

序  幕 相州鎌倉 和田行家屋敷の場
二幕目 相州鎌倉 円覚寺方丈の場
      同          門外の場
三幕目 三州藤川 新関の場
      同         裏手竹藪の場
四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場
大  詰 伊賀上野 敵討の場

唐木政右衛門  中村吉右衛門
山田幸兵衛  中村歌六   佐々木丹右衛門・奴助平  中村又五郎
和田志津馬  尾上菊之助   
近藤野守之助  中村歌昇
捕手頭稲垣半七郎・石留武助  中村種之助   幸兵衛娘お袖  中村米吉
池添孫八  中村隼人   沢井城五郎・夜回り時六  中村吉之丞
和田行家  嵐橘三郎
沢井股五郎  中村錦之助
政右衛門女房お谷  中村雀右衛門
幸兵衛女房おつや  中村東蔵


御存じ荒木又右衛門、渡辺数馬の伊賀上野 “鍵屋の辻の決闘” を下敷きにした狂言。
『曽我兄弟』と『忠臣蔵』、そしてこの『鍵屋の辻』が “三大敵討” ですね。
荒木又右衛門の三十六人斬り伝説も、この『鍵屋の辻の決闘』から生れた筈です。

今回は四幕目の「岡崎」が一番の見せ場となっております。
“行倒れ寸前の妻を見捨て、我が子を殺す” 悲惨極まりない展開なのですが、この “敵討成就の為に全てを捨てる” 思いが歌六演ずる山田幸兵衛に通じ、仇の居所を教えてくれるのですから巧く出来ていますね。
この “莨切り” の場面、吉右衛門丈の形相が物凄かったですねぇ。大迫力。

菊之助丈もまた色男を完璧に演ってくれました。綺麗だったなぁ。
米吉丈も綺麗だねぇ。顔が小さいし発声が巧み、仕種も大出来でした。

『悪役が上手だと芝居が面白い』と良く言われますが、沢井股五郎役の錦之助丈大変見事に『卑怯な奴・嫌な奴』を演じてくれました。
雀右衛門丈、東蔵丈も文句なし。
又五郎丈、一幕目の佐々木丹右衛門で重みを見せ、三幕目では一転して大茶利。お見事でした。

いやぁ面白かった。
大満足。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.03.19 Sun15:36
私は11列の12番、花道の左側で、役者の顔がいまいちよくわからなかった(花道に来るときはいいのですが)、けれど若い二人のからみなど美しくうっとりしました。
顔が見分けられなくとも体全体から発するオーラみたいなものがあるのですね。
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2017.03.19 Sun18:59
『花奥ブロック』ですね?
佐平次さんのblogを拝見したのが私の観劇後でして、コメントを入れようとしたのですが
何か『引っ掛る言葉』があったらしく、何度tryしても書き込みが叶わず失礼致しました。
この芝居は『観ておいて好かった』と思います。
本当に好い芝居でした。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR