FC2ブログ

PAUL McCARTNEY ポール・マッカートニー 4/27

 4月27日(木)PAUL McCARTNEY ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 東京ドーム

『この前はいつだったっけ?』と blog を繰ってみましたら、一昨年(2015年)の今日4月27日に観ているのですな^^;。
ポール・マッカートニー、1942年6月18日生まれですので間もなく75歳の誕生日、頑張っています^^

今夜も家人と二人連れ。 さぁ、大いに楽しもう。

set listは次の通り。
01. A Hard Day’s Night
02. Junior’s Farm
03. Can’t Buy Me Love
04. Letting Go
05. Temporary Secretary
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob La Di, Ob La da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude

# Encore
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End


一曲目の A Hard Day’s Night がまるで締りのない “民謡調” だったので『大丈夫なのか?』と心配しましたが、 “自分の曲” に戻った二曲目以降は圧巻のステージ。
二年前よりもむしろ若返った感じで思い切りロックンロールしてくれました。
11曲目の We Can Work It Out から16曲目 Blackbird までのアコースティックでこじんまりとしたギグが最高だったなぁ。
2時間40分程のパフォーマンス。いやぁ、楽しんだ!素晴らしい!
ありがとう、ポール!



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR