FC2ブログ

国立6上昼 6/9

 6月 9日(金)国立演芸場 昼席

国立演芸場6月上席。
主任一朝師、仲入小里ん師。
他に講釈の琴調先生、馬石師と『私好み』の顔付です。
『演芸場は久し振りだなぁ』など独りごちながら三宅坂。

◆柳家寿伴 『狸札』

◆春風亭一蔵 『鷺取り』
雀から鷺。牛久沼へ。
『鷺取りが関取になりました』

◆春風亭三朝 『代脈』
十八番を繰り出しての高座。
努めて軽く演ろうという雰囲気が伝わってきました。
好高座。

◆マギー隆司 奇 術
相変わらずの脱力芸なのですが、色物さんの役割はきちんと押さえています。
楽に観ていられます。好演。

◆隅田川馬石 『浮世床』
夢。
これは傑作でした。
『なぁ?だろう?』、『うん、成程!』の繰り返しが愉快。

◆柳家小里ん 『樟脳玉』
わぁ~珍しい噺。
いつ以来でしょう。本当に久し振りに聴きます。
小里ん師匠の江戸弁が冴えわたりました。

~仲 入~

◆宝井琴調 『天保水滸伝~笹川の花会』
聴いていて、往年の東映時代劇、千恵蔵、右太衛門揃い踏みの『血斗水滸伝、怒涛の対決』を想い出しました。
男の懐の深さを思い知る一席。お見事。

◆林家彦いち 『みんな知ってる』
出番を考えてか、いつもより抑え目でしたかね。
それでも受けていましたなぁ。

◆林家正楽 紙切り
鋏試し相合傘、祇園祭、紫陽花、梅雨入り、正楽師匠。
“梅雨入り” の際の下座の糸が『雨に唄えば』。
恐れ入りました。

◆春風亭一朝 『宿屋の富』
聴きながら『これは志ん朝師から柳朝師、そして一朝師へと継がれて来たのだろうなぁ』と感慨に耽っておりました。
やや短縮しつつも、要所はきちんと。
うむ、好高座でした。

跳ねて『明日が楽日なのだから仕方ないのだけれども、この芝居はもっと予約しておくべきだったなぁ』と後悔しつつ家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR