らくご街道 雲助五拾三次 -若旦那- 7/12

 7月12日(水)らくご街道 雲助五拾三次 -若旦那・ザ・ファイナル- 日本橋劇場

2013年 4月12日に第一回 “発端” で出発しました雲助五拾三次。
次回が “大詰” と題されておりますところから、そろそろ終着となるのでしょう。
私は来年の3月、師匠の誕生日で大団円となるのかと予測をしておりましたが・・・
9月26日の第五十回が節目になるのかしらん。

今夜、第四十九回は “若旦那・ザ・ファイナル” 。
雲助師『菊江の仏壇』他と触れられております。


◆桃月庵はまぐり 『子ほめ』

◆五街道雲助 『千両みかん』
私今夜の “もう一席” は、この『千両みかん』か『船徳』かな?と予想しておりました^^
夏の暑さの描写が素晴らしく『番頭さん、ひょっとして暑さで気の迷いが出たかな?』と思わせてくれます。

みかん問屋は万惣ではなく千惣。
見事な上方言葉。
町の八百屋さんが番頭さんに小塚原刑場の磔場面を詳細に語る “志ん生師型” でたっぷり笑わせてくれました。

~仲 入~

◆五街道雲助 『菊江の仏壇』
遊びってのは初手は面白いけれども、極めてしまうと飽き飽き・・・
なんだかそんな雰囲気の若旦那。
わかります、わかります^^;

番頭さんを囲い女一件で “強請る” 場面は『山崎屋』と同趣向。
雲助師、いつもの様に、ここの遣り取りを実に面白可笑しく演ってくれました。

大旦那の “嫁のお花” への思い入れが、息子たる若旦那への怒りとなって向けられます。
お花の息を引取る刹那を目の前にしている訳ですから、無理もないところでしょう。
若旦那も悲しいのね。
『出来過ぎた嫁』故に疎んずる気持ちになるのですな。
あれこれ言っていても『私には過ぎた女』と自覚している様子でした。
馴染の芸者菊江が “お花にそっくり” というのも、示唆的ですね。
好高座、堪能しました。

跳ねて家人が『最初に白いお着物だったから “菊江の仏壇” からかと思ったわよ』
『俺も ^^;』

木戸で Kさん Iさん Oさんたち居残り会御一行さまへご挨拶。
『次はお邪魔しますよ、私も^^』


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.07.13 Thu08:57
そちらもよかったようですね。
ホール寄席にご無沙汰だなあ。
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2017.07.13 Thu14:45
ホールも面白いですけれども・・・
私、本当のところは寄席の方が好みなのですが、近頃は本数が多いと草臥れてしまいます。
国立演芸場くらいのこじんまりとした番組が良いみたいです^^;
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR