FC2ブログ

五街道雲助一門会 11/8

11月 8日(水)五街道雲助一門会 にぎわい座

今夜のにぎわい座は雲助一門会。
雲助師、馬石師、龍玉師の三師匠出演と触れられています。
こちらも鑑賞歴の長い友人、私、家人、の三人組でにぎわい座へ。


◆桃月庵ひしもち 『道具屋』
暫くぶりに聴きました。
表情(顔も声も)の変化が巧みで、人物造形がしっかりしています。
面白かったなぁ。

◆五街道雲助 『時そば』
開演前に『(雲助師は)主任を演らないだろうから、さらと喰いつきじゃないか?』と家人と喋っておりましたが、予想通り(?)さら口で登場。
客層を意識したか、相当くさく演りました。
初心者向け “時そば” と言ったところ。

◆蜃気楼龍玉 『もぐら泥』
秀逸。
目配り、発声、文句無し。
喜多八師匠が亡くなって『もぐら泥』の “好高座” を聴く機会が減った気がして寂しく感じておりましたが、龍玉師が衣鉢を受け継いでくれた様にも思われました。
いやぁ、素晴らしかった。

~仲 入~

◆隅田川馬石 『湯屋番』
初めて聴く展開の『湯屋番』。
元々がこういう噺の展開だったのを、今では詰めて演っているのかな?
それとも馬石師が書き加えて膨らませたのかな?
愉快な高座。好演でした

冒頭の『(雲助)師匠が上がろうとしていたので慌てて着替えてこうして上がってきたンです』には大笑い。

◆五街道雲助 『夜鷹そば屋』
出番の一件には全く触れずに『今日は “蕎麦” でつく、蕎麦特集で・・・』、と十八番の『夜鷹そば屋』。
泣かせに走らず “極めて明るく愉快な『夜鷹そば屋』” に仕上げてくれました。
この噺は何度聴いても心洗われる感じになりますなぁ。


跳ねて三人して『流石に凄いねぇ、ここの一門は』など感想を言い合いながら最寄駅まで。
その道すがら “今夜の一席” は、龍玉師匠『もぐら泥』に決定。
友人を見送ってから家人と『毎月観ていた雲助師匠、ちょっと間が空くとまた新鮮ですなぁ』と意見一致。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.11.09 Thu11:18
龍玉は泥棒がうまいですね。
夏泥といったかしら、逆にぜんぶ取られちゃう噺、二つ目のときからうまかったなあ。
喜洛庵上々 URL|佐平次さん、こんにちは^^
#SFo5/nok Edit  2017.11.09 Thu12:27
佐平次さん、こんにちは。
そうです、そうです。何せ『殺しの龍玉』の異名ですものね。
犯罪者の人物描写が実に巧みなので驚きます^^;
目の配り方が独特でした。
ずっと這いつくばっての高座ですのに、あれ程まで客席を感心させるとは・・・
兎にも角にも凄かったです^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR