FC2ブログ

国立劇場十一月歌舞伎公演 坂崎出羽守/沓掛時次郎 11/13

11月13日(月)十一月歌舞伎公演 坂崎出羽守/沓掛時次郎 国立大劇場

今月の国立劇場は “新歌舞伎” 二本。
“坂崎出羽守” と “沓掛時次郎” 。
『今日はカレンダー買わなきゃ』と三宅坂へ。


山本有三生誕百三十年
山本有三=作  二世尾上松緑=演出
坂崎出羽守  四幕
中嶋正留=美術

第一幕  茶臼山家康本陣
第二幕  宮の渡し船中
第三幕(一)  駿府城内茶座敷
     (二)  同 表座敷の一室
第四幕  牛込坂崎江戸邸内成正の居間


長谷川伸=作 大和田文雄=演出
沓掛時次郎  三幕
釘町久磨次=装置

序幕 (一) 博徒六ッ田三蔵の家の中
    (二) 三蔵の家の外
    (三) 再び家の中
    (四) 再び家の外
    (五) 三たび家の中

二幕目   中仙道熊谷宿裏通り

大詰 (一) 熊谷宿安泊り
    (二) 喧嘩場より遠からぬ路傍
    (三) 元の安泊り
    (四) 宿外れの路傍

中 村  梅  玉
中 村  魁  春
尾 上  松  緑
中 村  松  江
坂 東  亀  蔵
中 村  梅  枝
中 村  歌  昇
市 村  竹  松
市 川  男  寅
中 村  玉 太 郎
尾 上  左  近
市 村  橘 太 郎
中 村  歌女之丞
嵐    橘 三 郎
河原崎 権 十 郎
市 村  萬 次 郎
坂 東  楽  善
市 川  左 團 次
       ほか

◎『坂崎出羽守』
男として身につまされる物語。
千姫救出の折、顔に大火傷を負ってしまった出羽。
しかし肝心の千姫は本多平八郎に好意を抱いている素振り。
ここで出羽が “良いところを見せよう” と武張るのですが・・・
こういう事は男なら誰しも経験することですし、些か “身に覚えあり” なので、何か直視出来ない感情になりました。
大抵上手く行かないのよ、格好つけてやると ^^;

松緑丈渾身の演技。
精神的に追い詰められて行く出羽、その内面を鮮やかに見せてくれました。
左團次丈の金地院崇伝も印象的。

◎『沓掛時次郎』
梅玉丈大出来。
人情に篤い時次郎を好演。
劇中の『追分節』もまたお見事。
おきぬを演じた魁春丈も好かった。
八丁徳役の楽善丈、貫禄の演技でした。

『いやぁ、堪能したぁ!』と、カレンダーを小脇に独りごちつつ家路へ。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.11.16 Thu10:38
これは買わなかったです。
歌舞伎はときどきにしないと収拾がつかない^^。
喜洛庵上々 URL|佐平次さん、こんにちは^^
#- 2017.11.16 Thu11:59
看板の梅玉丈、松緑丈目当てで行きました。
地味なお芝居ですが、中々魅せてくれました^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR