第142回 柳家小満んの会 11/20

11月20日(月)第142回 柳家小満んの会 吉野町市民プラザ

今回から場所を吉野町へ移して開催の当会。
『 “なめる” が面白そうだから行こうよ』、と鑑賞歴の長い友人を誘って二人連れ。
今夜は他に『奈良名所』、『お直し』と触れられています。


◆柳亭市若 『初天神』

◆柳家小満ん 『奈良名所』
江戸っ子の二人旅は伊勢から奈良へ。
この噺、小満ん師匠の口演以外に聴いた憶えがありません。
奈良名所の案内人の地口が愉快な一席。

◆柳家小満ん 『なめる』
“つんぼ桟敷” の由来、古川柳 “猿若に七つ目を積む賑やかさ” の解説などの蘊蓄が散りばめられる枕が、いかにも小満ん師の高座らしく愉快。
本編は圓生師匠の型をそのまま。
終盤に登場する莨屋の主人の “解説” が盛り上がらなかったですねぇ。
期待していただけにやや “肩透かし” を食らった感じ。

~仲 入~

◆柳家小満ん 『お直し』
珠玉の一席。
これは凄かった。
特に後半、蹴転場面の亭主の妬き様、女房の腰の据わった女郎っぷり。
酔払いの左官棟梁の造形もお見事。
その棟梁の『女房に死に別れて七つの娘がいるのだが・・・』は聴いた事の無い設定でした。
好高座、お見事。

友人と『お直し』に脱帽だね。など喋りながら襟を立て家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.11.21 Tue11:35
こんどはご友人も誘って焼き鳥を。
喜洛庵上々 URL|ありがとうございます^^
#- 2017.11.21 Tue12:09
新年1月の例会も都合が付きそうですので、誘ってみましょう。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR