FC2ブログ

第593回 落語研究会 11/29

11月29日(水)第593回 落語研究会 国立小劇場

TBS落語研究会、今夜の主任は花緑師『中村仲蔵』 、 仲入は菊之丞師『らくだ』。
他に鯉昇師、小せん師、そしてさん若さんの出演と触れられています。

◆柳家さん若 『水屋の富』
下げで相当溜めました。
水屋の表情、口調も好かった。
血の通った人物造形。巧く演ってくれました。

◆柳家小せん 『紋三郎稲荷』
美声を耳にしながら居眠ってしまいました。

◆古今亭菊之丞 『らくだ』
十八番の一席。火屋までの通し。
私、菊之丞師の『らくだ』は屑屋の出自を暈さないのが特徴だと思っています。
凄惨な描写が印象的。
惚けた雰囲気の隠亡がまた愉快。
好高座。

~仲 入~

◆瀧川鯉昇 『持参金』
仲人の “嫁を紹介するあれこれ” が、いかにも鯉昇師らしい色々で愉しい一席。
女性にも受けていました。

◆柳家花緑 『中村仲蔵』
花緑師は聴かずに途中退出。

主任を聴かなかったのに帰宅がいつもと余り変わらない時間だったけれども、伸びていたのかしらん。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.11.30 Thu10:17
4席くらいがちょうどいい、時にはそれでも多すぎると感じる今日この頃、昼夜居続けしたのはちょっとまえのことなのに。
菊之丞、屑屋が酔ってから面目一心しましたね。
力はあるのだと思いました。
喜洛庵上々 URL|風邪、ひかれませんでしたか?^^
#SFo5/nok Edit  2017.11.30 Thu12:01
色物さん抜きで『噺だけ』と言うのが辛さの素なのでしょうか?
私も以前は湯島の「古金亭」で噺のみ6席7席と聴いていて楽しめておりましたのに、このところ3席4席で飽いてしまいます^^;
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR