FC2ブログ

鈴本9中夜 秋の喬太郎まつり 9/19

 9月19日(水)鈴本演芸場 秋の喬太郎(きょん)まつり

九日目は『夜の慣用句』と『錦木検校』。
この芝居の根多の中で、私が最も注目する『錦木検校』、楽しみです。

柳亭左龍 宮戸川
ストレート松浦 ジャグリング
五明楼玉の輔 宗論
柳家喜多八 短命
アサダ二世 奇 術
柳家喬太郎 夜の慣用句

~仲 入~

ホームラン 漫 才
入船亭扇辰 鮑熨斗
柳家小菊 粋 曲
柳家喬太郎 錦木検校

◆左龍 『宮戸川』
お花は家を締め出されたのではなく、話しをしたいが為に半七の帰りを待っていた、との設定。
告白したかったということですね。
左龍師は高い声も綺麗に出せますから、女性も素敵。
お花は勿論、霊岸島の叔母さんも自然な感じ。
好演でした。

◆玉の輔 『宗論』
歌武蔵師代演。
部屋中を十字架だらけにした上、
机まで十字架の形に切って『これが本当のテーブルクロス』には大笑い。
くすぐり沢山の高座で客席が温まりました。

◆喜多八 『短命』
市馬師代演。
ごく気短な御隠居。
いっそ兄貴分にしてしまって
『兄貴、どうにもわからねぇ~んだけど・・・』という発端でも良いのでは?
無言劇たっぷりのお洒落な高座。面白かったなぁ。

◆喬太郎 『夜の慣用句』
今夜は主任高座に全力集中でしょう。

喬太郎師からプログラムの誤植の指摘。
私も一昨日「ありゃぁ?」と思いました、つまり四枚目のプログラムを持ち帰るまで迂闊にも気づきませんでした。
『錦木』が『綿木』になってしまっていますが、
後ほど師より『誤植は夜席プログラムに限った問題で、昼夜併記プログラムは正しい表記である』旨、追加報告がありました。

◆扇辰 『鮑熨斗』
演題大宝恵つまり根多帳を手に高座へ上がって来ました。
直前の楽屋入りで見る時間が無かったとのこと。
噺家が根多帳を繰って演目を考えている姿は実に絵になりますね。
これを見せたいが為にわざと、と邪推したくなる程ですが、これは封印しましょう。

入れ事なしのかっちりした『鮑熨斗』。好演。

◆喬太郎 『錦木検校』
素晴らしい一席でした。
ほぼ完璧の出来だったのではないでしょうか。

風邪をこじらせ病の床に臥した錦木が、下屋敷の若侍(角三郎)が家督を継いだと聞き、杖を頼りに酒井雅楽頭の屋敷へ向かう。
その鬼気迫る姿が秀逸。

錦木が無理を押して屋敷へ向かった動機は検校の位欲しさ、つまり欲なのですが
角三郎との再会を果たした錦木の心は既に欲心を忘れ、
自らの見立て通り、家督を継ぎ大名となった角三郎を祝福する気持ちに純化していった様に思います。

私は、ミュージカル「キャッツ」のラストシーンと重ね合わせて錦木を見ていました。

期待通り、いや期待以上の『錦木検校』、素晴らしかった。


緞帳が降りて『今夜も来て好かったなぁ』と頷きながら、『下を向くとまずいな』と苦笑い。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR