FC2ブログ

雲一里 12/11

12月11日(月)雲一里 雲助一朝小里ん三人会 日本橋劇場

お馴染みいたちやさんの企画制作に依る新たな会。
江戸っ子三人衆を根多出しで楽しもうと言う贅沢な趣向です。
初回の今夜は雲助師『芝浜』、一朝師『三井の大黒』、小里ん師『言訳座頭』と年末らしい噺が並びました。

鑑賞歴の長い友人、家人と私、こちらも三人連れで日本橋劇場。


◆柳家小多け 『二人旅』
小里ん師のお弟子さんが師匠の十八番、柳家のお家芸を。
歩行表現(身体の揺らし方)がやや足りないかしらん?と思いましたが、惚けた雰囲気で面白く演ってくれました。

◆春風亭一蔵 『のめる』
地の喋りが柔らかいのは良いのですが、会話場面で御隠居はともかく “騙し騙され” 描写の調子と地の口調が乖離して “ちぐはぐ” な印象を受けました。
噺によって地の語り口調を変化させる事も大切なのだなぁ、と感じながら聴いていました。

◆春風亭一朝 『三井の大黒』
言わずもがなですが江戸者の台詞は絶品もの。
対して、甚五郎の上方言葉の “間” が伸び過ぎた感じで、噺の緊張感を削いでしまった印象。
“鷹揚な名人” と言うより “与太郎” に寄った甚五郎像が浮かんでしまいました。

~仲 入~

◆柳家小里ん 『言訳座頭』
若干の言い澱みや名前の取り違えがあったものの、座頭富の市の造形が素晴らしく、それで “全部持って行った” 感じ。
言訳が成功した直後、杖を手に取りながらの “富の市の豹変振り” がまた凄い。
好高座。恐れ入りました。

◆五街道雲助 『芝浜』
雲助師らしいあっさりとした仕上げ。
私の周囲には “女房の嘘” を理由にこの噺を嫌がる方もいらっしゃいますが、この『雲助型』ならば良いのではないかしらん。

枕で正月の飾りについてさりげなく触れて仕込み、下げ直前の『おや?雪かい?』、『いやだよ、お前さん。ありゃぁ笹の葉が風で音を立てているんだよ』を際立たせました。
情景が浮かびましたね、私。
人気のない深夜、寒風に揺れる注連飾り。
年末気分が一気に高まりました。
素晴らしい『芝浜』。堪能しました。


跳ねて三人して『小里ん師匠の “言訳座頭” が今夜の一席だね』と意見一致。
『続けてやってもらいたい会だよねぇ』など言い合いながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:6 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.12.12 Tue09:24
いい落語会が始まりましたね。
次回は行きたいものです。
喜洛庵上々 URL|次回は3月8日(木)とのことです。
#SFo5/nok Edit  2017.12.12 Tue20:18
昨夜は告知がなく『次回はあるの?』と思っていたのですが・・・
先ほどいたちやさんからmailが届きまして、次回は3/8(木)19:00開演
雲助師『欠伸指南』、一朝師『おせつ徳三郎(通し)』、小里ん師『明烏』と触れが廻りました。
前売は明日開始との事。
私もPCを開けて泡を喰って友人に連絡取りました^^;
佐平次さんも是非!
佐平次 URL|
#- 2017.12.13 Wed11:29
ありがとう。
いたちやの㏋をチエックしているけれどまだ売り出していないようですね。
喜洛庵上々 URL|貼っておきましょう^^
#- 2017.12.13 Wed11:41
佐平次さん。
専用予約フォームのURLを貼っておきましょう。
下記からお入りになれば予約可能かと存じます。
https://the-itachi-ya.com/pre-reserve/
佐平次 URL|
#- 2017.12.14 Thu10:30
ありがとう。
とれるといいな。
喜洛庵上々 URL|大丈夫でしょう^^
#- 2017.12.14 Thu11:10
大丈夫でしょう。
先だっての初回は八分の入りでしたが、お客様の層が随分と若返っていまして驚きました。
若い女性が大勢いらしていましたよ^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR