鈴本12中昼 12/12

12月12日(火)鈴本演芸場 昼席

昨夜ご一緒した鑑賞歴の長い友人から朝9時に急な電話。
『年末の講釈はともかくさぁ、今日がぽっかり空いちゃったのよ、今日の鈴本はどんなんだい?』
あれこれ調べて『じゃ昼席にするか』と “緊急発進” 。
築地場内で男二人 “牡蠣ラーメン” の昼食後、鈴本演芸場。


前座さんには間に合わず小辰さんの途中から
◆入船亭小辰 『金明竹』
面白くなったなぁ。
お内儀さんが絶品もの。

◆鏡味仙三郎社中 大神楽曲芸
仙三郎、仙志郎、仙成の三人。
仙成さん、撥を落とすも『一旦(床に)置くことになっております』
成長しました^^

◆入船亭扇蔵 『真田小僧』
うむ、まさに寄席の芸。軽~い感じで。
お見事な高座でした。

◆古今亭菊之丞 『元帳』
浅い時間に芸達者が登場。
矢張り巧いねぇ。
お家芸を “酒好きらしく” 上手に演ってくれました。

◆ロケット団 漫才
いつも乍らの根多ですが、面白いねぇ。

◆鈴々舎馬風 世相漫談
いつもに増して切れの鋭い世相漫談。
こういう時事根多満載の高座に接しますと『流石だなぁ』と再認識させられます。
好高座でした。

◆柳亭市馬 『時そば』
努めて軽く演った感じ。

◆江戸家小猫 ものまね
地の喋りが抜群に巧くなりましたねぇ。
ものまねは以前から素晴らしかったので、今後楽しみですなぁ。

◆柳家権太楼 『掛取』
入り方が『掛取』らしくなかったので『おっ、二日続いて小さん師門下の “言訳座頭” か? ありがたや!』と早合点しましたが、『掛取』へ。
“薪屋の喧嘩” 場面のみの『掛取』。
良い喧嘩だったなぁ。

~仲 入~

◆すず風にゃん子・金魚 漫才
金魚先生、クリスマスツリーお見事。
お久し振りだったのですが、にゃん子先生『私も結婚しようと思ってさぁ~』に(座席が二列目だったからかなぁ)違和感アリ^^;

◆入船亭扇辰 『お血脈』
寄席の定番、十八番を披露。
巧いねぇ。

◆柳家はん治 『粗忽長屋』
おぉ、古典を演ってくれました。
面白いなぁ。
“はん治節” 炸裂。お見事。

◆アサダ二世 奇術
ハンカチ~縁の紐~カード当て(カードピストル)
お元気で何より。
見事に騙されました。

◆入船亭扇遊 『お見立て』
雲助師からでしょうね。
寄席の尺に縮めながら、素晴らしい速度感で好演。
面白かったなぁ。


跳ねて『寄席も軽くて好いねぇ~』などお喋りしつつ、酒悦とうさぎや、そして何故か中田商店にまで足を伸ばした後に家路へ。
あぁ愉快々々。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2017.12.13 Wed09:44
寄席ってやっぱり落語の本道ですね。
喜洛庵上々 URL|^^
#- 2017.12.13 Wed11:11
前夜がホールでしたので友人とも『ホールもがっちりと言う感じで良いけれども、楽しむなら寄席だね』と話しておりました。
本当に仰る通りだと思います^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR