FC2ブログ

さん喬・権太楼二人会 12/29

12月29日(金)さん喬・権太楼二人会 新宿末広亭

暮れの恒例、末広亭余一会・夜の部。
I さんからのお誘いに『こんなプラチナチケットを・・・』と嬉しさ一杯で新宿末広亭へ急行。
座席に着くと甘栗の袋。
『おお?』と思いましたが、これは “厚生大臣” N さんのお気遣い。今回のチケットも N さんの御努力の賜物。
感謝!


◆柳家寿伴 『雑排』
良い調子で進めていたのですが、どうした訳か着替え前の権太楼師匠が突然登場。
『うん、うん、好かったョ。だけどさぁ今日さん喬師匠が “掛取” を根多出ししてんのョ。それが附くのョ。降りて高座返ししなさい』と寿伴さんを抱きかかえながら諭す。
そこへこれまた洋服姿でさん喬師匠登場。
寿伴さんの頭を軽く撫でて『俺、権太楼師匠に言われるまで気づかなかったョ』
成程、狂歌と俳句が附く訳ですな。

権太楼師がピンクのセーターに黄色いズボンと “フラワーチルドレン風” なのに対し、さん喬師は “ほぼ黒尽くめ” 。
対照的な私服姿もまた一興。

◆柳家ほたる 『元犬』
『まだ羽織を着ておりませんでしたので・・・』と些か慌て気味の登場。
最初は息も上がっていた様子でしたが、次第に落ち着きを取り戻しました。
ひたすらに明るいシロ(只四朗)に好感。面白かったなぁ。

◆柳家さん喬 『天狗裁き』
ちょっと “演者の温まり方が足りない” 高座と思われました。
一席目ですので、努めて地味に演られたのかも知れません。
しかし奉行、天狗の場面では温まって来たか、やや持ち直した印象。

◆柳家権太楼 『不動坊火焔』
文句なし。
お滝さんを迎えると決まった吉つぁんの喜び様が尋常ではなく、もう気も狂わんばかりという感じ。
観ているこちらまで嬉しくなりました。
『この歓喜の表情と口調を継ぐ演者はもう現れないだろうなぁ。しっかり観ておかなければ・・・』と思わせてくれます。

屋根上のどたばたも “権ちゃんならでは” の滑稽描写。
『隣町まで行って並んで買ったのに!』に大笑い。
恐れ入りました。

~仲 入~

◆柳家権太楼 『佃祭』
袴姿に着替えて上がって来て『これじゃ早く終わっちゃう』と困った表情。
『本当は蛙茶番を演ろうと思ったのですが、15分ですし・・・』
と “さん喬・権太楼二人会” の成り立ちなど思い出話をしながら演目を考えている様子。

『船頭さん!』といきなりの切り出しから本編へ。
登場人物全員が、はっきりくっきり浮かび上がる名演。
いきなり決めてこの大出来の高座、流石だなぁ。
“名物” の “与太郎の悔み” で、私落涙しました。凄かったですねぇ描写力。
佳いものを観ました。素晴らしかった。

◆翁家和助 太神楽
この人は後見も大夫も独りでこなしてしまう上に芸が凄い。
土瓶回しなど “日本一” と言って差し支えないでしょう。蔓立てなど他で観たことがありません。
この高座での客席の驚き方から『今日は案外と “普段は寄席に馴染みのないお客様” が多いのかな?』と感じました。

◆柳家さん喬 『掛取万歳』
最初の “狂歌” で “初雪や二の字二の字の下駄の跡” と挿入したのは “附いた事” を説明してくれたのかな?
狂歌~浄瑠璃~芝居~喧嘩~三河万歳。

狂歌で、菅原伝授手習鑑の科白の遣り取りの前の仕込みを飛ばしてしまうインシデントがありましたが、大勢に影響せず。
芝居は相変わらず絶品もの。
如何にも “素人が芝居真似を演っている感じ” が出ているのがさん喬師匠の特徴ですね。素晴らしかった。
三河万歳でお目出度くお開き。お見事。

三本〆の音頭は来秋真打昇進のさん若さん。
些か戸惑いながらも大声を発し〆てくれました。


跳ねて棟梁の S さん、チケットを手配下さった N さん、お誘い下さった I さんと四人で居残り会。
普段車移動が多く居残り会をサボり勝ちの私も、今日は電車なので大いに呑みまた食べ帰宅はちょうど12時。
いやぁ落語もお喋りも堪能したぁ!

S さん、 N さん、 I さん、ありがとうございます。
感謝、感謝。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2018.01.01 Mon11:57
さいごをラッキーに〆て、いい年でした。
今年も又よろしく!
喜洛庵上々 URL|^^/
#- 2018.01.01 Mon13:12
お蔭様で心地よい新年を迎える事が出来ました。
今年もよろしくお願い申し上げます ^^/
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR