FC2ブログ

鈴本9下夜 志ん陽・文菊 真打昇進襲名披露 9/21

 9月21日(金)鈴本演芸場 古今亭志ん陽・古今亭文菊 真打昇進襲名披露興行

前売発売直後に予定を立て、
鈴本での興行のみ四日間(志ん陽師、文菊師各二日づつ)購入しましたところ
これが見事に全て小三治会長の出演をよけていまして・・・

出演者の発表がない段階でしたから、仕方ないですね。

それはそれとして真打昇進襲名披露の大初日、勇躍と鈴本演芸場へやって参りました。

開場を待つ列に並んでいましたら、背広姿の新真打が連れだって歩いて来ます。
どうやら、列の最後尾でお客様のご案内をしているお席亭へ御挨拶されている様子。
列の中から「おめでとう」の声が掛かり、
外で並んでいるうちから披露興行の雰囲気が盛り上がります。

初日の主任は志ん陽師匠。

桂才紫 狸札
古今亭志ん輔 豊竹屋
翁家和楽社中 太神楽
古今亭志ん橋 穴子でからぬけ
金原亭伯楽 味噌豆、小咄
三遊亭圓歌 中沢家の人々
昭和のいる・こいる 漫 才
柳亭市馬 間抜け泥
林家正蔵 新聞記事
林家木久扇 彦六伝

~仲 入~

-真打昇進襲名披露口上-
圓歌、木久扇、伯楽、志ん橋、市馬、志ん陽、文菊

柳家小菊 粋 曲
古今亭文菊 七段目
林家正楽 紙切り
古今亭志ん陽 らくだ

緞帳が上がり、後ろ幕は鴬色の落語協会。

◆才紫 『狸札』
この雰囲気でさら口というのも大変だろうなぁ、と思いながら聴いていましたが
落ち着いて噺を進め客席を沸かせました。

◆志ん輔 『豊竹屋』
十八番を掛けて来ました。
一門の重鎮志ん輔師が浅い出番で全力集中の高座を務めてくれるのが、
新真打はじめ一門の後輩達には、なによりの良いお手本になることでしょう。

芸に厳しい師らしい緻密な高座に痺れました。好演。

◆志ん橋 『穴子でからぬけ』
馬鹿兄弟~馬鹿親子~酒の粕~からぬけ。古今亭の前座さんがよく高座に掛ける噺です。

協会のHPによりますと
志ん陽師匠の初高座は一九九九年十一月一日、当鈴本演芸場でこの『からぬけ』。
「初心忘るべからず」ですね。

◆市馬 『間抜け泥』
花色木綿や締め込み、転宅といった泥棒噺の発端としてよく聴く噺。
前方の伯楽師が学校寄席の小咄の中で浅草仁王様の『臭うぞ』『くせ者』とやっていて
これが丸ごとついちゃった。
枕や小咄は根多帳に書かないから仕方ないかなぁ。

◆正蔵 『新聞記事』
噺は面白かったのですが、どうやら正蔵師、喉をやってしまわれた様子。
心配ですね。

◆木久扇 『彦六伝』
よく聴く八代目正蔵師、後の彦六師の逸話の数々。

◆口上 上手から圓歌、木久扇、志ん橋、志ん陽、文菊、伯楽、市馬。
司会は市馬師。
木久扇師が新真打二人の紹介。
圓歌師がお馴染みの『手を取って共に登らん花の山』。
志ん橋師、伯楽師の順で挨拶。

仲入後の後ろ幕は『たまごの会贔屓与利』志ん陽師匠へ贈られたもの。
鬼葛紋、日輪と水紋。

◆文菊 『七段目』
二階へ上がった定吉がお軽になるのを口では嫌がりながら、
段々と横座りになっていく様が愉しいですね。
二人芝居の場面は鳴り物入りで。
好演。

◆正楽 紙切り
挟試し相合傘、パンダ、舞妓さん、御神輿、文菊師匠とお月見
相合傘で志ん陽師匠を写してくれました、傑作だったなぁ。

◆志ん陽 『らくだ』
中の舞が長めに鳴る中、楽屋から送る拍手が聞こえて来まして真打初高座。
高座へ上がりますと、今度は客席からの拍手が鳴り止みません。

志ん朝師匠が早世され、一門の総領弟子志ん五師の身内に、
その志ん五師匠も一昨年亡くなられ、
志ん橋師の客分の様な形になった事を客席の皆さんは御承知なのでしょう。
この長い拍手は、目の前の志ん陽師のみならず
亡き志ん朝師と志ん五師へ贈られたものとも思います。

若き日の志ん陽師が初めて聴いた落語は、
フリーマーケットで何気なく購入した金百円のカセットテープのもの。
それは志ん生師の『らくだ』と『搗屋幸兵衛』だったそうです。
大初日、本日九月二十一日は志ん生師匠の御命日。
『最初に死人が出てくる縁起が佳いとは言えない噺ですが、今日の主役は私。その私がやりたい噺はこれですので、後で怒られるかも知れませんがやらせていただきます』

「覚悟の上演」だけあってこれが素晴らしい出来。
気弱な屑屋さんの描写を徹底して押し、三杯目の酒からがらり変わる様子を際立たせました。
面白かったなぁ。

らくだの頭を丸める為、長屋内でらくだの兄貴分に剃刀を借りにやらせるまで。

圧倒的迫力の屑屋さん。お見事。


緞帳をいつもよりゆっくり下ろし、客席へ丁寧に辞儀をする志ん陽師匠。
半ばまで緞帳が下りたあたりで、私服の木久扇師が横に来て一緒に辞儀をしていました。
なんと言うか、いい絵だったですねぇ。


志ん陽師の『らくだ』の余韻を噛み締め客席から出ようとする時、楽屋から柝の音とともに三本締。

志ん陽師匠、文菊師匠、おめでとう!





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR