FC2ブログ

第601回 落語研究会 7/23

 7月23日(月)第601回 落語研究会 国立小劇場

TBS落語研究会、今夜の主任は一朝師『藪入り』 、 仲入は扇辰師『夢の酒』。
兼好師『あくび指南』、志ん陽師『化物使い』。
この三月に二つ目昇進のはまぐり改メこはくさん、金原亭お家芸の『臆病源兵衛』。

◆桃月庵こはく 『臆病源兵衛』
明るい調子で進めてくれました。
急ぎ気味の口調で噺の背景の “闇夜” を感じられなかったのは残念。

◆三遊亭兼好 『あくび指南』
大真面目に “あくび指南” をするお師匠さんが愉快。
“門人” の描写は略筆。
こういう演り方もあるのだなぁ。
好高座でした。

◆入船亭扇辰 『夢の酒』
うむ。これは傑作。
駄々をこねるお花の様子を、大旦那の(お花への)対応描写で間接的に描く場面が秀逸。

~仲 入~

◆古今亭志ん陽 『化物使い』
今夜はこの高座を聴きたくて国立までやって来ました。
期待以上の大出来。
怒鳴られて “化物” がしょぼくれる様子が何とも言えず愉快。
好高座。

◆春風亭一朝 『藪入り』
暑さの所為か、集中力が続かず主任は聴かずに帰ろうかとも考えていたのですが・・・
思い直して “居続け” 。
先代金馬師匠の型をたっぷりと愉しみました。


『噺を五席聴くことも出来なくなってきたのか』と、やや落ち込みながらも『志ん陽師の名演に巡り会えたのは良かったな』と自らを慰めつつ家路へ。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2018.07.28 Sat11:31
落語会場に足を運ぶだけでも凄い・若い!
『臆病源兵衛」は白酒で初めて、白酒も初めての出会いでした。
あのころは昼夜居続けも苦ではなかったのになあ。
喜洛庵上々 URL|こんにちは
#- 2018.07.28 Sat12:14
佐平次さん
お久し振りです。
『辛抱の日々』を拝読させていただいております。お大事に、そして頑張って下さい。
私の集中力減退は、どうも暑さの所為ではなく加齢に因る身体の不調からなのかも知れません。
また、このところ噺に飽いている自覚があります。
色物の挟まる寄席の方が、今の私には向いているようです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR