FC2ブログ

鈴本9下夜 志ん陽・文菊 真打昇進襲名披露 9/26

 9月26日(水)鈴本演芸場 古今亭志ん陽・古今亭文菊 真打昇進襲名披露興行

さぁ、新真打今夜はどの噺を掛けてきてくれるかしら。
真打昇進襲名披露の六日目へやって参りました。

桂才紫 子ほめ
古今亭菊丸 宗論
翁家和楽社中 太神楽
古今亭志ん橋 居酒屋
金原亭伯楽 味噌豆、小咄
鈴々舎馬風 漫談
昭和のいる・こいる 漫 才
古今亭菊之丞 町内の若い衆
林家正蔵 松山鏡

~仲 入~

-真打昇進襲名披露口上-
馬風、伯楽、志ん橋、菊丸、志ん陽、文菊
アサダ二世 奇術
古今亭志ん陽 道具屋
林家正楽 紙切り
古今亭文菊 妾馬

◆口上 上手から馬風、志ん橋、志ん陽、文菊、伯楽、菊丸。
司会は菊丸師。
馬風師が例の調子で明るい雰囲気を作りました。
(自身が会長時代に真打昇進させた噺家に言及していましたが、
洒落なのでここには書かぬことにします)
新真打が吹き出さないかなぁ?と観ていましたが、
流石にそんなことはなかったですね。

伯楽師の口上、初日と同じだったのですが
『今までと違い、演ずる噺のことであれこれと教えあうこともなくなる、
真打となれば互いに商売敵になるのだから』との言葉は
こちらへも沁みて来ますね。

◆志ん陽 『道具屋』
酒の粕から道具屋へ入りました。

与太郎と言えば
志ん五師の物凄いのを思い出しますが
志ん陽師の与太郎はもっと写実的。
『こんな感じの人、どこかに居るかもしれないなぁ』という与太郎さんです。
面白かったなぁ。

◆正楽 紙切り
鋏試し相合い傘(男性は文菊師を写して)、紅葉狩り、花魁(道中)、一本松、宝船

◆文菊 『妾馬』
八五郎の伝法な口調も小気味良く、とんとんっと噺を進めます。
前半の家主と八五郎の会話から面白かったですねぇ。

屋敷へ上がって、田中三太夫とのやり取り。
御前へ出て、殿様の言うことが理解出来ない八五郎、
また八五郎の口上が解らない殿様。
八五郎が三太夫からいちいち聞きますが、
その聞く声が大きくて三太夫が閉口する描写が素晴らしい。

この三太夫が耳を塞ぐ様な仕種(実際には塞がないが、耳元で大声を出されるので
嫌がる素振り)を強調するのは文菊師独特の工夫された演出では?
お見事でした。
この描写の強調によって、武士と職人の違いが鮮やかに浮かび上がりました。
また、八五郎が下品に落ちないのにも好感が持てます。

伝法な八五郎と畏まる三太夫、
そして鷹揚ながら風格漂う殿様を上手に演じ分け、
客席を噺の中へ連れて行ってくれました。好演。



披露目も仲日を過ぎ、口上もくだけた調子へ変わってきましたね。
志ん陽師も『初日は身体が震えるほど緊張しましたが、
今なんか記念写真撮ってから上がって来ちゃった』と
だいぶいつもの調子に戻って来た様子を伝えていました。

私も『普段の寄席だね、今夜は』といった感想。
いやぁ、今夜も楽しめたなぁ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR