FC2ブログ

第603回 落語研究会 9/28

 9月28日(金)第603回 落語研究会 国立小劇場

TBS落語研究会、今夜の主任は市馬師『盃の殿様』 、 仲入は文治師『ラーメン屋』。
他に鯉昇師『へっつい幽霊』、扇蔵師『厩火事』、ほたるさん『祇園祭』と触れられております


◆柳家ほたる 『祇園祭』
江戸弁の歯切れがいまひとつ。そこで、京言葉を極端に戯画化して演りましたかね。
江戸者の祭囃子で中手が入りましたが・・・
ちと調子に乗れないまま。
噺が壊れちゃいましたね。

◆入船亭扇蔵 『厩火事』
地味ですなぁ。
声が小さいし声質が良くないのか通りが悪い。
場内の空調の音が聴こえる程に客席が静まり返って聴いていました。

それと会話場面で、おさきさんが喋っている同じ調子で兄ぃが応じちゃう。
演じ分けをすると『芝居じゃないのだから』という小言を言う人もいらっしゃるのでしょうけれども
せめて『間』や『口調』に変化をつける意識をして欲しい気がしました。

◆桂 文治 『ラーメン屋』
ラーメン屋の爺さん婆さんは描けているのですが、一文無しの遊び人の造形が浮かばない。
なにか『悪』でもなく『善』でもない。ただの文無しって感じ。
この『ラーメン屋』を翻案した雲助師匠の『夜鷹蕎麦屋』が、どれだけ工夫を重ねた演出台本なのかを思い知りました。

~仲 入~

◆瀧川鯉昇 『へっつい幽霊』
『へっついが何か、なんてことは芸協の私には訊かないで下さい』
と前方の不出来の言訳とも思える掴みから。
今夜の一席はこちら。

◆柳亭市馬 『盃の殿様』
上がったのが8時50分。どこでこんなに押したのかな?
いつもながらきちっとした高座。
殿様も周囲の侍も雰囲気抜群ですね。
好高座でした。
終演は9時26分。15分押しで追出し。


仲入後の二席で救われたな、と独りごちつつ家路へ。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2018.09.30 Sun10:18
お疲れさまでした^^。
鯉昇だけ聴きたかったな。
喜洛庵上々 URL|
#- 2018.09.30 Sun11:44
佐平次さん。
緊張からなのか、新顔さんがいつもの力を発揮出来ない様子。
同じ噺家さんで廻すと飽きが来ますが・・・
悩ましいです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR