FC2ブログ

国立劇場十二月歌舞伎公演 増補双級巴 -石川五右衛門- 12/7

12月 7日(金)十二月歌舞伎公演 増補双級巴 -石川五右衛門-  国立大劇場


三世瀬川如皐=作
国立劇場文芸研究会=補綴

通し狂言 増補双級巴  四幕九場
-石川五右衛門-
中村吉右衛門宙乗りにてつづら抜け相勤め申し候

国立劇場美術係=美術


発 端     芥川の場

序 幕     壬生村次左衛門内の場

二幕目   第一場 大手並木松原の場
      第二場 松並木行列の場

三幕目   第一場 志賀都足利別館奥御殿の場
      第二場  同  奥庭の場
      第三場 木屋町二階の場

大 詰   第一場 五右衛門隠家の場
      第二場 藤の森明神捕物の場


主な配役
○石川五右衛門  中村吉右衛門
○壬生村の次左衛門  中村歌六   ○三好修理太夫長慶  中村又五郎
○此下藤吉郎久吉後ニ真柴筑前守久吉  尾上菊之助
○大名粂川但馬  中村松江   ○大名田島主水/早野弥藤次  中村歌昇
○足柄金蔵/大名白須賀民部  中村種之助   ○次左衛門娘小冬  中村米吉
○大名天野刑部/小鮒の源五郎  中村吉之丞   ○大名星合兵部/三二五郎兵衛  嵐 橘三郎
○呉羽中納言氏定/大名六角右京  大谷桂三   ○足利義輝  中村錦之助
○傾城芙蓉/五右衛門女房おたき  中村雀右衛門
○義輝御台綾の台  中村東蔵


チケット売場に “満員御礼” の触れ。
大賑いの国立劇場。
石川五右衛門の生涯を簡易に纏めた脚本で、非常に解り易かったです。
お目当ての “つづら抜け、宙乗り” は三幕目。
この三幕目の最後に“ どんでん返し” とも言える意外な展開となります。
大詰がまた見もの、派手な捕物場面が『これでもか!』とばかりに・・・

吉右衛門丈、流石の押出し。
細かな表情もお見事でした。
いやぁ、好い芝居を観たなぁ、と言う感じです。
うむ、満足!




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR