FC2ブログ

柳家喬太郎独演会 12/16

12月16日(日)第61回 北鎌倉落語会 柳家喬太郎独演会  円覚寺 佛日庵

喬太郎師匠直筆色紙


古典芸能鑑賞歴の長い友人のお内儀より『主人と一緒に楽しんで来て下さい』と嬉しいプレゼント。
『いただきます!』とばかりに久々の円覚寺。
友人を待つ間、境内を見て回り “佳き哉、佳き哉” と自然と戯れておりました。
鎌倉まで来ると空気が違いますなぁ^^

外で整理番号順に並び、入場。
驚くほど高座が近く、臨場感溢れる雰囲気。
正面の奥行がないので左右に桟敷席のように座席配置をしていました。
私たちは若い番号でしたので正面中央に座ることができましたが、これ左右の席(こちらの方が正面より席数が多い)のお客様はさぞや観にくかろうなぁ、と思われました。
桟敷席と言うより “舞台袖” とも言える配置だものなぁ。
早く来て良かった^^


◆瀧川どっと鯉 『やかん』
口跡のはっきりした前座さん。
声も良いし、上手になりそうな感じですね。
好感。

◆桂 宮治 『親子酒』
何度か聴いているのですが、正直言って宮治さんの “これでもか、と押してくる” 高座が苦手でした。
相当図太くなったなぁ。
離席したお客様を根多に即席で、誰もが “あるかも知れないな” と思う僅かな信憑性を残した “お話” を拵え、客席を爆笑の渦に巻き込みました。
良い腕だなぁ。
見直しました。
本編の出来が思い出せぬくらい素晴らしい出来の即興漫談。お見事。

◆柳家喬太郎 『野ざらし』
魚釣の枕を振りましたので、すぐに『野ざらし』と直感したのですが、 “季節的に『野ざらし』は無いだろうなぁ、何だろう” と思案しているうちに本編へ。
寄席の尺、鼻を釣るまで。
前方が大騒ぎの高座でしたから、演りにくかっただろうなぁ。
八五郎の狂騒をやや控えめにした印象。
好高座でした。

~仲 入~

◆のだゆき 楽曲演奏
寄席で何度か拝見していますが、のださんは小さな空間の方が活きる印象ですね。
寄席では不自然に感じた “滑り芸” や、のださんの惚けた雰囲気が今日は見事に開花していました。

◆柳家喬太郎 『品川心中』
初手の振りが四宿の解説でしたので、『居残り』を期待しましたが『品川心中』へ。
艶っぽいお染。流石だなぁ。
所々細かな描写を端折りながら、兄貴宅での騒動まで。
『この後、金蔵とその仲間がお染へ仕返しをしますという、品川心中の半ばでございます』
と〆ました。


余興までの間、『ははぁ、これは今週終わったNHK・TVドラマ “落語心中” への、師匠なりのお別れなのかもなぁ』などと愚考。
劇中の助六の十八番『野ざらし』。
そしてまた菊比古が噺家として開眼する切欠となった鹿芝居の女形から女性描写の芽生え、そして廓噺を十八番としてゆく展開。
監修者喬太郎師匠として、ドラマの終焉をこの二席で見送ったのかも知れませぬ。


さて余興。
私服に着替えた出演の皆さんが勢揃い。
喬太郎師匠の直筆色紙三枚を巡り客席全員で “じゃんけん勝負” 。
私、連勝し “最後の五人” に残留。
このあたりから記憶が飛んでしまっているのだけれども、一対一の最終戦に勝利して “最後の一枚” を獲得。
よい記念となりました。

北鎌倉駅で電車を待つ間、同行の友人が『最後の一枚、お前さん、あの娘に譲ると思ったョ』とポツリ。
『成程、その方が粋だったかぁ。だけれども勝負の高揚感で全く忖度出来なかったわぁ、未熟なものよのぉ』
など喋りつつ、隣駅へ。
友人のお内儀も加わり夜遅くまで愉しく過ごしました。
あぁ面白かった、満足、満足 ^^


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2018.12.18 Tue10:20
めでたしめでたし。
喜洛庵上々 URL|^^;
#- 2018.12.18 Tue13:46
恵比寿顔といったところです^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR