FC2ブログ

2018年(平成30年)回顧

2018年(平成30年)回顧

本年は・・・
○寄席・落語会・・・23回(上半期10回・下半期13回)
○舞台・演劇・・・・7回
の鑑賞機会を得ました。

またプロ野球は30試合。
昨年46試合から激減。
何ですか不可解な采配の試合が多く、8月初旬にはすっかり観戦意欲を失っておりました。
昨シーズンは日本選手権へ出場している訳ですから、今季は問題外のシーズンでしたね。
また、横浜スタジアムがオリンピックへ向けて増改築中で、試合後の客捌けが極端に悪化しているのも足が遠のく要因になっています。混雑を嫌って試合途中で席を立つ試合も多数ありました。

落語会・寄席は一昨年42回、昨年34回から23回へ、舞台・演劇鑑賞は一昨年19回、昨年10回から7回へ、それぞれ減少 ^^;
今年は春先に生活環境の変化があり “落語会は研究会のみ” の月がなんと5回。
気持ちに余裕がないとこうなるのですな ^^;
舞台の方では、以前は好んで観ていた東宝や劇団四季の鑑賞が殆ど無くなり、歌舞伎の比率が高くなって来ているのが顕著ですね。
但し、来年は四季で “浅利慶太氏追悼公演” のラインナップが発表されていますので、四季の舞台鑑賞が少し増えるかも知れません。


今年の印象高座は、大雪の1月22日 第143回 柳家小満ん独演会(吉野町市民プラザ)に於ける、小満ん師 『火事息子』。
薄い客席ながら親子の情を見事に描写してくれました。
更に一席。
7月4日 雲一里 雲助一朝小里ん三人会(日本橋劇場)より、小里ん師『子別れ(通し)』。
江戸っ子の心情と風情を存分に活写してくれた名演でした。


さて来年。
月例の落語研究会を続けるかどうか迷っております。
いまのところ七分三分で休止に傾いていますが、そうなりますと自ら企図しなければ「落語会・寄席が0回」の月が出て来る可能性もありますね。
噺は寄席を中心に、そして舞台は国立劇場の歌舞伎を主に観ていこうと考えています。


2018年(平成30年)の喜洛庵寄席桟敷はこれにてお開き。
弊 blog へお立ち寄りをいただきました皆様、大変にありがとうございます。御礼を申し上げます。
皆様方に於かれましても体調にご留意なさって先ずはお元気で過ごし下さい。

どうぞ佳き新年をお迎え下さいませ (^^)/

Tag:雑記  Trackback:0 comment:6 

Comment

小言幸兵衛 URL|良いお年を!
#- 2018.12.31 Mon13:05
喜洛庵さんも、いろいろ大変な年だったようですね。
我が家も、いろいろございました・・・・・・。

野暮用も多く、私はもっと寄席・落語会が少ない一年でした。
来年はなんとか月に二回は、行きたいものです。

ご一緒できる会が一席でも増えるといいですね。

良いお年を!
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2018.12.31 Mon16:16
幸兵衛さん
コメントありがとうございます。
blogを拝読させていただきますと、今年はご一緒した会が無かったのですね。
恥ずかしながら私の鑑賞の半分は研究会。
来年は是非寄席でご一緒致しましょう!

佳いお年を!
Napua URL|環境
#- 2019.01.01 Tue01:25
離れてみて、わかることですが、芝居、寄席、芸術は、首都圏の都会で恵まれた環境でした。
最高の芸術が味わえるのは、羨ましい限りです。
江戸の歯切れのいい言い回しが懐かしい。
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2019.01.01 Tue08:10
Napuaさん
明けましておめでとうございます。
先日、京都四條南座の中継があったのですが、ロビーが狭いのでびっくりした覚えがあります。
東京は恵まれているのでしょうね。
また、その東京風味を味わいますと余所では物足りなくなるのかも知れません。
喜楽亭の様なこじんまりした空間を、私は好ましく思うのですがそれも“時折訪れるから”かも知れませんね。
何はともあれ、本年も宜しくお願い申し上げます^^/
佐平次 URL|
#- 2019.01.03 Thu10:28
毎朝このブログを覗きに来ている者のためにも鑑賞機会をふやされますように!
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2019.01.03 Thu13:43
佐平次さん
ありがとうございます。
近頃、出掛けるというと単独を避け友人と、という行動パターンになっているのに気づきました。
矢張り人恋しいのでしょうね^^;
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR