FC2ブログ

鈴本4上夜 4/10

 4月10日(水)鈴本演芸場 夜席

主任龍玉師千秋楽。
雨の中、鈴本演芸場。


桃月庵ひしもち 黄金の大黒
柳家小もん 手紙無筆
ダーク広和 奇 術  
金原亭馬治 壺算
橘家文蔵 道灌
ペペ桜井 ギター漫談   
柳家喬太郎 花見小僧
五街道雲助 時そば

~仲 入~

ホームラン 漫 才  
隅田川馬石 堀之内
林家正楽 紙切り
蜃気楼龍玉 夢金


◆ひしもち 『黄金の大黒』
まだこなれていない様子ですが、中々聴かせてくれました。
『拳固でか?』、『いえ、金槌で』まで。

◆小もん 『手紙無筆』
朗々とした口跡。
兄貴の言訳も、こう堂々と美声で喋りますと本当に聞こえますな ^^

◆ダーク広和 奇 術
ファンカードで手練を魅せて、三目並べ~カードマジック
軽い調子で和ませてくれました。

◆馬治 『壺算』
素晴らしい速度感。顔・声ともに表情豊かに愉快な高座。
好高座でした。

◆文蔵 『道灌』
所謂 “鉄板根多” ですので、出来は素晴らしいもの。
また今夜は、細かい表情や目配りを見逃さずにどっと来る、反応の鋭い客席でした。
そこで文蔵師、 “それじゃぁ” とばかりに、隠居と八の遣り取りをいつもより若干長目に演りましたね。
客席爆笑。下げへの速度感も心地良し。
好演。

◆ペペ桜井 ギター漫談
前方が伸ばしましたので、短めに。

◆喬太郎 『花見小僧』
いきなり本編。
定吉の喋りがまずもって秀逸。
それを聞く旦那の表情の曇っていく様がまた素晴らしい。
所々に喬太郎師独特の言い回しがあったりして、至極愉快な高座です。
『刀屋』も聴きたくなりました。
好高座。

◆雲助 『時そば』
初手の客の粋な雰囲気が際立っています。
対する模倣者の “探り探りの喋り” がまたお見事。
人物造形がしっかりしていますねぇ。
二晩目の蕎麦屋の情けない雰囲気もよく表れていたなぁ。
うむぅ、流石。

◆ホームラン 漫 才
『十日間ありがとうございました』 、『全く打合せ無しに演っていました』
『実験漫才です』
アドリブで15分を繋ぐことの出来る芸の持ち主なのですから、台本は要らないですよ確かに。
寄席芸人の凄みを感じました。

◆馬石 『堀之内』
十八番を愉快に。
何度聴いても笑っちゃう。
巧いねぇ。目配り、仕種、声の表情。
安定しています。好演。

◆正楽 紙切り
鋏試し相合傘、お花見、花魁、翁と媼
客に吸付莨を渡そうとする花魁、傑作。

◆龍玉 『夢金』
黒紋付で登場。
気温の低い一日でしたので、仲入の雲助師は『時そば』、主任龍玉師はこちら『夢金』。
『吝嗇と欲張りというのはまた違いがありまして・・・欲の張った人と申しますと今ならばカルロス・ゴーンさん』
客席大受け。

船宿で出船の交渉をする侍の、手炙りに手をかざす仕種が如何にも武張った様子で素晴らしい。
熊蔵がまだ二階に居る場面から充分にその本性を客席に印象付ける演出。巧かったなぁ。
“欲の熊蔵” の狡猾な目配りが臨場感を醸し出します。

川へ出て、熊が侍に呼びこまれる。
かじかむ手指を息でほぐし、頬被りの結び目を解く、蓑に見立てた羽織を脱ぎ、全身の雪を払う。
まるで演劇を観ているが如くの行届いた演出。いやぁ恐れ入りました。

侍と熊の相談場面の互いの探る様な目の動き、そして表情、 “殺しの龍玉” の至芸が炸裂します。凄い!
また、熊が日本橋の大店で“ 身祝” の金包を破る仕種も絶品ものでしたね。
下げへ向かう速度感も素晴らしい。長講31分。
雲助師匠と同じく綺麗な下げ。お見事。名演。


入場時には大粒の降りだったのですが、跳ねて外へ出ますと細かい雨粒に変わっていました。
北風に舞う霧雨が襟元に吹き込みますので、思わず襟を掻き合わせ『・・・これじゃぁ熊蔵だね』と独りごちつつ家路へ。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2019.04.12 Fri10:01
うううむ、行きたかったなあ。
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2019.04.12 Fri21:54
いろいろと行きますが、やはり寄席が一番ですね ^^;
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR