FC2ブログ

雲一里 5/8

 5月 8日(水)雲一里 雲助一朝小里ん三人会 日本橋劇場

雲一里。
第五回の今夜は、雲助師『禁酒番屋』、一朝師『抜け雀』、小里ん師『三人兄弟』。

いたちやさんがメルマガを休止してしまった所為なのかなぁ?いやに薄い客席。
勿体無いねぇ。名人芸が三席約束されているのに。
“研究会行くなら雲一里” なんて下らないキャッチが浮かびました ^^;


◆春風亭朝七 『たらちね』
様子の良い前座さん。
目配りなど表情豊かで、中々達者。素質あり。
『この人(のことは)は覚えておこう』と思いました。

◆柳家小もん 『かぼちゃ屋』
このところよく遭遇する印象。
二つ目さんでこれだけ鑑賞が被るってのは、小もんさんの評価が高いって証左でしょうな。
実にこう良く練られた与太郎でした。
好演。

◆柳家小里ん 『三人兄弟』
“いまの小もんってのはあれ学習院なんですが、協会で一番の親不孝者は京大を出て噺家となったのがおりまして・・・”
“それがまた母親が独りで手塩に掛けて育て京都大学に入れたのに・・・”
まぁ人生様々。真の実力社会に身を投ずる遊京さんの心意気に期待しましょう。
(小里ん師は名前を出していませんでしたが、前座時分に遊京さんご本人が出身校を明かして根多にしていましたので応援の気持ちで・・・頑張れ! ^^/ )

さて『三人兄弟』、圧巻。
十八番の『二階ぞめき』に似た吉原点描が堪らなく愉快。
“妄想会話” の巧い事ったら・・・他の追随を許さずってところですね。
名演。

~仲 入~

◆五街道雲助 『禁酒番屋』
雲助師らしく安定した高座。
小便が下女独り分て以前からこう演っていましたかね?
一升徳利では足りず、 “残りは憚りでして” には笑ったなぁ。馬ですよ、それじゃ。

◆春風亭一朝 『抜け雀』
この『抜け雀』、雲助師が演りますと雀を描く場面、またそれに増して鳥籠を描く場面は息詰まる描写となるのですが、一朝師は努めて軽い調子で演りました。
これはこれで趣がありますね。
“落語だなぁ” って感じ。
雲助師版はお家の芸風もありましょう、講釈風味って事でしょうか。

一つ気になったのは、抜け出た雀が “隣家の屋根で餌を漁る” という言い回し。
噺の構成上、何度も繰り返されるこの “抜け雀” の描写、ここは “隣家の屋根で餌をついばむ” としていただきたかった。


跳ねて『うむ、今夜は小里ん師匠だったな』と独りごちつつ家路へ。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR