FC2ブログ

五街道雲助一門会 5/9

 5月 9日(木)五街道雲助一門会 にぎわい座

『にぎわい座も久々だけれども雲助一門会も久し振りだよね』と、長い鑑賞歴を持つ友人と二人にぎわい座。
二階も開けて満員御礼。

◆桃月庵ひしもち 『たらちね』
今月下席に二つ目昇進。 “桃月庵白浪” 襲名、と自己紹介。
私、てっきり “白浪” を「はくろう」と読むものかと思っておりましたが、「しらなみ」との事です。
何はともあれおめでとうございます。

◆蜃気楼龍玉 『強情灸』

◆五街道雲助 『お見立て』

~仲 入~

◆桃月庵白酒 『化物使い』

◆隅田川馬石 『火焔太鼓』

四師匠、十八番を揃えて好演。
出演順を巡る楽屋話なども愉快。
ただ “にぎわい座” という事で しょう。 “クサ目の演出” でした。

『まぁクサかったけれども客席は喜んでいたからね』 など友人と語らいながら木戸を出て、『おやすみぃ~』。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2019.05.11 Sat10:01
にぎわい座でさいしょに解説をするということをどなたかのブログで読んだような気がします。
すべての落語会というわけではないのですね。
喜洛庵上々 URL|「名作落語の夕べ」でしょうか?
#SFo5/nok Edit  2019.05.11 Sat11:34
毎月一度『名作落語の夕べ』という特別興行がありまして、かつては館長の玉置氏が事前解説をしていましたね。
今はどなたがやっていらっしゃるかのか、私は存じません。
と言いますか、私『名作落語の夕べ』の木戸が高いのは玉置さんの顔見世料だと理解していたのですが、さて他のどなたかで「解説」が務まるのでしょうか、疑問です。
にぎわい座は私にとって一番安直な小屋ですが、玉置館長が亡くなられてからは色々考える事があり、あまり行かなくなってしまいました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR