FC2ブログ

鈴本5下夜 -馬石長講十夜- 5/28

 5月28日(火)鈴本演芸場 夜席 -馬石長講十夜-

「馬石長講十夜」、その八日目へ、独りふらり。
今夜の根多は『山崎屋』。
トランプさんの影響で都内は車だと面倒そうなので、珍しく電車で参上。


入船亭扇ぽう 元犬
古今亭駒治 鉄道戦国絵巻
鏡味仙三郎社中 太神楽曲芸 
桃月庵白浪 だくだく
入船亭扇遊 一目上がり
ロケット団 漫 才   
柳家小ゑん フィッ
五街道雲助 ずっこけ

~仲 入~

柳家小菊 粋 曲 
林家正楽 紙切り
隅田川馬石 山崎屋


◆扇ぽう 『元犬』
初手は早口で語尾がはっきりしなかったのですが、口入屋(上総屋だったかな)と出会った辺りから落ち着いて来ました。
中々面白かったですね。

◆駒治 『鉄道戦国絵巻』
古今亭志ん五師代演。
物凄い速度感。超特急で客席を温めました。

◆鏡味仙三郎社中 太神楽曲芸
仙四郎先生の傘、仙成さんの五階茶碗、仙三郎先生の土瓶。
お開きに花笠の取分け。
仙成さん、巧くなったなぁ。

◆白浪 『だくだく』
先ずは二つ目昇進の自己紹介。おめでとうございます ^^
私の当て推量ですが、素人時分にひしもちさん(改メ白浪さん)は、白酒師の『だくだく』を聴いて “自分もこれを演りたい” 、と入門を決意したのではないかしらん。
師匠直伝の『だくだく』、白浪さん風味も巧く発揮出来ていました。好高座。

◆扇遊 『一目上がり』
明るい調子。流石というところ。

◆ロケット団 漫 才
安定しています。客席爆笑。
しかし倉本先生、痩せたなぁ。

◆小ゑん 『フィッ』
“この芝居は定連さんが多くいらしていて・・・いつも同じ席に同じ服装で座っていらっしゃる”
“こっちが毎日根多を替えているのだから、服ぐらい替えて来ちゃどうかと思うンですが・・・” と笑いを誘って本編へ。
面白かったなぁ。大受けしていました。好演。

◆雲助 『ずっこけ』
“この(前方の)大騒ぎ、大爆笑の次にどんな入り方をするのだろう?” と興味深く思っておりましたが、何も無かったかの様に普段通りの入り。
酔払い百態の枕からずっこけへ。
凄味すら感じられる高座。名演。素晴らしかった。

◆小菊 粋 曲
華やか。少し喉をやったのか声の勢いがいつもより無い感じ。

◆正楽 紙切り
鋏試し宝船。炉端焼き~紫陽花~船弁慶~花魁
紫陽花、傑作だったなぁ。
お開きの “花魁” の 時、 “井上陽水” との声も掛かったのですが、時間の関係もありまた主任根多との関わりも考慮したのかな?花魁を選択しました。

◆馬石 『山崎屋』
どう整理をつけて構成するのか興味津々でしたが、枕で巧く仕込みました。
若旦那が絶品。
番頭の造形が若干雑な感じではありましたが、よく纏まった出来でした。
長講45分。


跳ねて傘の要らない程度の降りの中、御徒町駅へ急ぎ足。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR