FC2ブログ

国立6上昼 6/10

 6月10日(月)国立演芸場 昼席


国立演芸場 6月上席楽日。
『今松師匠だからどこかで一日でも』と思いつつも時間を作れず、千秋楽に滑り込み。
土砂降りでしたが開演時四分程度の客席。今日の天候なら “満席相当” でしょうね。


◆林家彦星 『やかん』
不貞腐れているのか?って程の醒めた口調。
やや変わった味わいの前座さん。
不思議な魅力があります。面白かったですね。

◆初音家左吉 『素人鰻』
九月から真打、古今亭ぎん志襲名との事。おめでとうございます。
かつて『中々面白いじゃないか』と感じた時期もあったのですが、今日はお疲れ気味?
噺の後、踊って下がりました。

◆柳家喬之助 『引越の夢』
『菊志ん師が二本目かぁ』と何とも贅沢な気分でおりましたが、今日は代演喬之助師。
明るい高座。お似合いの噺でしょうね。

◆アサダ二世 奇 術
お元気で何より。
ハンカチ~紐~カード風船
“紐の結び目” いただきました ^^

◆五明樓玉の輔 『お菊の皿』
私、『玉の輔師の本気』ってぇのに出くわしたい願望があるのですが、土砂降りの今日はやや本気気味と感じました。
特に前半、最初に旧青山鉄山邸でお菊の幽霊に接し、駆け出して逃げ帰るまでは好かったなぁ。
この最初の場面(お菊が井戸からせり上がる)の鳴り物はぴたりと同期していたのですが、お菊が啖呵を切る場面で前座さんの手落ちがあり(玉の輔師、銅鑼が鳴らないので台詞を二回繰り返しましたがそれでも鳴らず、楽屋に顔を向け自ら “ボンッ” と切欠を付けました。それでようやく鳴りましたが・・・)、後半は流しちゃいましたね。

◆柳亭小燕枝 『小言幸兵衛』
私、小満ん師にも同じような印象を持つのですが、小燕枝師もまた小さな空間でこその芸でしょうね。
声を張らない、上下の振りは最小限、くすぐりはごく小声で演り、繰り返さない。
堪能しました。お見事。

~仲 入~

◆笑組 漫 才
ニックス代演。
初めて聴く根多。入門から今までの経緯などを面白おかしく演ってくれました。
豊先生喋り通し。
帽子なしも初見ですね。髪の毛薄いの知りませんでした ^^;

◆柳亭左龍 『棒鱈』
十八番を繰り出して客席を沸かせてくれました。
薩摩侍が巧い上に酔っ払いが上手。
言う事なし。好高座。

◆翁家社中 太神楽
傘~五階茶碗~土瓶~ナイフ
初見のお客様が多数だった様子。

◆むかし家今松 『品川心中(通し)』
死装束を整える場面を割愛しましたので “こりゃ通しの心算なんだな” と推察出来ました。
私とすれば歓迎です。
味わい深い一席。


帰り道、丸の内署~国交省の坂がまるで川。
いつもの倍近い時間を掛けて帰宅。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR