FC2ブログ

国立7上昼 7/4

 7月 4日(木)国立演芸場 昼席 立川吉幸真打昇進披露


国立演芸場7月上席は落語芸術協会の真打昇進披露興行。
今回の昇進は、橘ノ双葉改メ三遊亭藍馬、瀧川鯉斗、立川吉幸のお三方。
以前高座に接し、その技量、完成度に驚いた覚えのある “前座修行を二度勤めた男” 吉幸師の昇進をお祝いする気持ちで本日を選択しました。


◆立川幸太 『道潅』
緞帳が上がり、先ず目に入った後ろ幕が立川流の定紋 “丸に左三蓋松” ではなく “渡辺星” を染め抜いたものだったのには驚きました。立川流色を払拭して本名にちなんだ紋に替えたのかな?
幸太さんの『道灌』、まだ一本調子。頑張れ。

◆立川幸之進 『寄合酒』
うむぅ。登場人物が皆同じ口調でまるきり演じ分けが存在しませんなぁ。
与太郎すらも他と同一口調。聴きだれしました。

◆春風亭傳枝 『持参金』
この高座でようやくほぐれて来たと言うか温まってきた感じ。
ただ、ちと口調が真面目過ぎた所為か、噺に品が無くなっちゃったですね。

◆ぴろき ウクレレ漫談
自身の家族根多。客席に “ふふふ” と言う感じの笑いが起こりました。

◆三遊亭笑遊 『不精床』
長~い枕は擬音沢山の床屋根多。 “三十凸凹の女性理髪師のフェロモンが私を奮い立たせる・・・” って奴。
本編は5分くらいだったのじゃないかなぁ ^^;

◆古今亭寿輔 『老人天国』
こちらも漫談風味。シルバー川柳を散りばめた新作。
今日の客席は当該世代が中心。大受けしていました。

~仲 入~

真打昇進披露口上
司会傳枝師。上手から寿輔、笑遊、吉幸、談幸、文治、傳枝の各師。
まぁ披露目も終盤ですので、くだけた様子の口上でした。
寿輔師の音頭で三本〆。

◆桂文治 『代書屋』
権太楼師の型。
私はどうも文治師が苦手だなぁ。権ちゃんと同じ科白なのになぁ。

◆立川談幸 『青菜』
場面描写に時間を割かず、滑稽風味を強調した印象。
“弁慶” ではなく “静かにしろ!” と下げました。

◆鏡味味千代 曲芸
五階茶碗、毬と撥、傘
久し振りに拝見しますが、危なっかしく見せるのが巧いねぇ。

◆立川吉幸 『らくだ』
入りはやや早口気味でしたが、直ぐに落ち着いた口調となりました。
久六と半次、主要な二人の登場人物の造形は非常に現実味を帯びたもの。
屑屋久六が主導権を握り、丁目の半次に “こんな煮しめの芋で酒が呑めるか!鮪のぶつを持って来い!” と言いつけるまで。
何せこの久六の造形が実に素晴らしく、初手は腰の低さを際立出せ、呑み始めて三杯目辺りから自分語り、そして愚図愚図に乱れて行きます。好かったなぁ。
好高座。お見事。


跳ねてスタジアム阪神戦へ直行。急げ急げ!

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR