FC2ブログ

劇団四季 エビータ 6/20

 6月20日(木)エビータ 自由劇場

今週月曜日(17日)に初日を迎えた劇団四季『エビータ』。
今公演は昨年7月に逝去された浅利慶太氏の四季主催追悼公演です。
7年振りの上演が歓迎されたか、全公演ほぼフルハウスの様子。
巧い具合に上手ブロックの通路側が獲れたので、久々に浜松町自由劇場マチネ。

主な出演者は次の通り。
○エビータ 谷原志音  ○チェ 芝 清道  ○ペロン 佐野正幸
○マガルディ 高橋基史  ○ミストレス 藤原加奈子


先ずチェ=芝が大出来。この人はこうした狂言回しを実に器用に且つ落ち度無くこなしますね。

谷原は歌唱抜群、野心家のギラギラした雰囲気は出ていましたね。
ただ、これに “数多の男が魅かれ、貢ぐ” かねぇ。
科白が全て歌唱なので “科白に難あり” の谷原向きではあろうけれども、もはや四季には華のある女優はいなくなったかな?
美貌を武器にした “騙し感” が皆無なので、なんともちぐはぐな雰囲気でした。

客席はスタンディングオベーションしていましたが、これ流行でやっているんですかね?
皆さん意味解ってるの?って感じ。
私は芝に対してのみスタンディングしました。

歌唱や舞踊に重きを置くのも結構ですが、それに拘るあまりに華のある女優を次々と放逐した結果が “谷原=エビータ” ですな。
口直しに往年の野村エビータを観たくなりました ^^;

Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR