FC2ブログ

第612回 落語研究会 6/25

 6月25日(火)第612回 落語研究会 国立小劇場


今夜のTBS落語研究会、主任は雲助師『もう半分』。
仲入は生志師『紺屋高尾』。
他に龍玉師、馬るこ師、らっ好さん出演と触れられております。


◆三遊亭らっ好 『やかん』
好楽師の一番弟子である好太郎師のお弟子さん。
長崎県出身で父上は海上自衛官。長崎大学工学部出身と自己紹介。
歯切れのよい口跡。声も良し。高座姿も綺麗で華やか。今後が楽しみな雰囲気。
客席を大いに温めて下がりました。

◆蜃気楼龍玉 『もぐら泥』
二本目は若手真打が十八番を引っさげて登場 ^^
先月の三朝師、今月の龍玉師。この辺の人達がどんどん活躍して欲しいなぁ。

泥棒の目配り、主人の怪訝な表情、女房の驚く様子、酔っ払いの崩れ加減、その後の変化等、見せ場見せ場で四人の登場人物を鮮やかに造形、それぞれを生き生きと見せてくれました。
また暗闇の表現が実に好かったなぁ。文句なし。
好高座。

◆立川生志 『紺屋高尾』
長めの枕から本編へ。
持ち時間は45分の筈ですが、一時間近く演りましたかね。
毎度毎度、無駄話が長過ぎますねぇ、生志師は。
本編は好い出来なのに『長かったなぁ』という印象になってしまいます。

~仲 入~

◆鈴々舎馬るこ 『糖質制限初天神』

◆五街道雲助 『もう半分』
つまらなそうにお愛想を言っていた煮売り屋主人、爺が忘れていった汚い風呂敷包みを検め、中が五拾両と知った刹那は “善人” だったのですが女房の囁きで悪心が沸々と湧いて行く、その表情の変化が素晴らしかった。
その後は夫婦を徹底的に悪人描写。
自ら『殺ってくる』と出刃を持ち駆け出す主人。
修羅場は鳴り物入りの芝居掛かり。
客席が予期していなかったのでしょう。七五調の科白が始まった折に若干笑いが起きました。
たっぷりと芝居をして後は地の語り。そして怪談へと展開。
客席は、その冷静な語り口調に引き込まれます

私、雲助師の『もう半分』は何度も聴いておりますが、ある時 “煮売り屋夫婦の悪人描写が不完全で、爺の祟りの現実味が薄まっちゃったなぁ” と感じた事がありました。
今夜は夫婦を “物凄い悪人” に仕立てましたね。目付きと言うのか目配りと言うのか “眼の芝居” が実にお見事。
傑作。名演。


跳ねて “うむ、雲助師と龍玉師が実に好かった” と呟きつつ家路へ。満足。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR