FC2ブログ

鈴本余一会 雲助一門会 7/31

 7月31日(水)鈴本余一会 雲助一門会 -廓と四宿の巻- 鈴本演芸場


7月の鈴本余一会は昼席がホンキートンク、夜席は五街道雲助一門。
予約時に『今後観る事が叶わなくなるホンキートンク先生の昼席も・・・』と逡巡しましたが・・・。
私、昨晩が “居残り会” 。今夜は此方、明晩はスターナイト観戦。
『大体にして予定が混み過ぎているなぁ』と昼席は断念しました。
いやこの雲助一門会ですら、定刻にすんなり鈴本チケットサイトへ入場出来ず、良席が取れなければ購入しなかったかも知れません。

閑話休題・・・『指定席だから楽だなぁ』と、のんびり鈴本演芸場。立ち見のお客様もいらっしゃる盛況。


◆桃月庵こはく 『子ほめ』

◆蜃気楼龍玉 『首ったけ』

◆隅田川馬石 『居残り佐平次』

~仲 入~

◆桃月庵白酒 『徳ちゃん』

◆五街道雲助 『藁人形』


こはくさん。白浪さんに出番を譲る心算だったと “告白” 。一所懸命の高座に好感。
譲られ損ねた白浪さんは太鼓番で頑張っていました ^^

龍玉師、粋と野暮の遊びの世界を上手に描写。 “俺は粋なんだ” とまさに “粋がっている輩” が毟られるンですな。
また今夜は特に “人間が描けている、活写が巧み” と感じました。刻々と変化する感情の襞を表現出来るから共感するのだなぁ。

馬石師の『居残り佐平次』、初聴かな?下げを代えて演っていました。前半の “佐平次のはぐらかし” もまたお見事。好高座。

白酒師は今回の企画について言及。
“四宿だって言っているのに龍玉が『首ったけ』だと言うから四宿にならなくなっちゃって「廓と四宿」に余儀なく変更・・・” との事。
本編でも客席は爆笑の渦。凄みすら感じさせる高座。

雲助師は西念が甥に語るお熊への恨み事を糸に乗せて七五調の芝居掛で。 “何かの手違いで大遅刻して、ここだけを聴いたとしてもおそらくこの場に居て好かったと思うだろう” と感じさせてくれる素晴らしい芸を披露してくれました。

出演の皆さんが常にない丁寧な紡ぎを心掛けたなぁ、という印象。
雲助師が下げた後、全員を高座へ招き入れ客席に辞儀をして跳ねました。
この時、21時を15分ほど廻っていましたか? “えっ、もう9時過ぎなの?” という印象。

うむ、流石雲助一門。
大満足。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:1 

Comment

佐平次 URL|
#- 2019.08.05 Mon09:06
分身の術をつかいたいIさんでしょう。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR