FC2ブログ

国立10中昼 10/11

10月11日(金)国立演芸場 昼席


本日初日の国立演芸場10月中席は雲助師匠の芝居。仲入は小里ん師匠。
台風19号接近で雨模様ながら、『江戸っ子の揃踏みだね』と半蔵門へ。


◆桃月庵あられ 『子ほめ』
出からして前座さん離れしていましたが、高座姿も板についている印象。
2017(平成29)年8月入門 、2019(平成31)年1月21日前座。と協会HPにありました。
近頃は見習期間が一年半近いのかぁ。辛抱したねぇ。
噺の方も『達者な前座さん』という以上の出来。
本来の下げの直前に時間が来た為に、咄嗟に下げを『只で酒を呑みに来たンでぇ!』と替えて切りました。
凄いね。
ようございました。

◆桃月庵こはく 『初天神』
二つ目に昇進後、前座さん時分のおおらかな雰囲気が薄れた様に感じた時期がありましたが、今日は伸び伸び演ってくれました。
飴と凧。雲助師直伝かな?
今日ぐらい弾けていて良いのではないでしょうか。明るい高座に好感。

◆古今亭志ん陽 『猫の皿』
志ん陽師、ちょっと見ぬ間にもみあげとこめかみが白くなってきていて、早くも老練の風情。
茶屋の爺さんの表情と口調がいかにも好人物で惹き込まれました。
対する旗師の造形もまたお見事。
高麗の梅鉢に目を付けてからの表情が、それ以前とがらり変わって商売人のそれとなります。
茶碗を譲らぬと突っぱねた直後、爺さんが『実は私、以前に旗師をしておりまして・・・』と前を語るのは初聴。
念の為、志ん朝師の音源を当たってみましたが、その件はありませんでした。
志ん陽師の工夫かな?
好高座。

◆翁家勝丸 太神楽
相変わらずの惚けた高座。
五階茶碗~傘(毬、升、茶碗)
五階茶碗の “抜き扇” の際、場内を暗くして赤いライトを点滅させつつ必殺仕掛人のテーマ曲を流しました。

◆隅田川馬石 『時そば』
枕で “一文が20円、十六文=320円、一両は四千文なので大凡8万円” と仕込みました。
『今日、帰りに皆様が “蕎麦を食べたいな” と思ったら私の勝ち』なんて言っていましたが、成程最初の男は本当美味そうに蕎麦をたいらげましたねぇ、お見事。
翌日の模倣者が日の暮れるのももどかしく、昼間から出て蕎麦屋を待つ、というのは初聴。
その為か、刻は “五つ” と早くして、下げも “六、七、八” となりました。
模倣者が蕎麦の出来を待つ間、雲助師匠と同じく、袖へ掌を入れ、その袖の中の掌を手首から左右同時に折り、横へ振るのですが・・・この仕種、愉快だったなぁ。
流石の高座。

◆柳家小里ん 『天災』
何を演ってくれるかな?と楽しみでしたが、昼席のまったりとした雰囲気で『天災』とはちと驚きました。
しかし流石。
ともすればだれ勝ちな噺を、所々端折り簡潔に纏めて客席を飽きさせずに下げまで進めてくれました。
特に長屋へ帰ってからの “鸚鵡返し” 場面は絶品もの、面白かったねぇ。
巧いなぁ。好高座。

~仲 入~

◆ニックス 漫 才
以前聴いた時には、飛び飛びのガールズトークの羅列で附いて行けなかった覚えがありますが・・・
今日は、姉妹の出自(米人クオーター)~英語~海外旅行~国内旅行、と物語性を持たせた根多。
“漫才21年演ってまーす” って幾つなんだろこの娘らは。
それはともかく、今まで聴いたニックスで一番面白かったなぁ。

◆林家彦いち 『睨み合い』
夜の京浜東北線南行車内、川口西川口間で電車が緊急停止。
乗り合わせた乗客の様子を同一車両にいた彦いち師が巧みに活写する “ドキュメンタリー落語” 。
これ優男が演っても面白くないよなぁ。
彦いち師の表情、口調だからこそ面白いンですね。
愉しませてくれました。

◆伊藤夢葉 奇 術
安定のマンネリ。
鞭~紐~カード
和むなぁ。

◆五街道雲助 『妾馬』
“台風19号が来ていてお客様も色々とご準備がございましょうが、私の高座が終わってからでも間に合います” と笑わせておいて身分制度を仕込み本編へ。
袴を着せてもらいながらの八五郎の台詞 “俺が侍になったら是非ともやりてぇ事があるン” “何をしたいんだい?” “大家さんを『無礼者!』ってンでぶった斬りてぇンで” の遣り取りは何度聴いても笑っちゃう。
その八五郎の造形は、無教養ながら家族を思う心は人一倍の男。
また “何をしても憎めない愛嬌を合せ持っている” のですから、殿様にも好かれましょう。
後半の “酔って母の言葉を反芻し泣く場面” から一転、下げの『おい殿公、もっと呑もうじゃぁねぇか』への速度感も鮮やか。
誠に結構な『妾馬』、堪能しました。


緞帳が下りロビーへ出ますと『明日明後日(土・日)は休席でございます』の触れ。
帰って食料品でも買っておくか、と急ぎ足。
うむ、大満足。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2019.10.12 Sat11:27
今ごろは大荒れでしょうか。
なんか怖くもあり、ちょっとドキドキします。
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2019.10.12 Sat12:00
佐平次さん
危険なのは木造一軒家じゃぁないでしょうか?
鉄筋集合住宅は窓ガラスぐらいですよ、被害と言っても。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR