FC2ブログ

国立10中昼 10/18

10月18日(金)国立演芸場 昼席


国立演芸場10月中席八日目。
今日は唯一の昼夜興行日。
私も昼夜両席を予約して “寄席三昧” を決め込みました。


◆林家彦星 『元犬』
ごくオーソドックスな『元犬』。
口調・発音に癖があるのですな。
上総屋の旦那もご隠居も、ひと昔以前に活躍した政治家、松野頼三氏の様な発声。
好人物に聞こえる様、発音・発声を違えた方が良さそう。

◆桃月庵白浪 『道具屋』
惚けた雰囲気の与太郎が好く表現出来ています。
今日の客席は重いねぇ。

◆古今亭志ん陽 『のめる』
ご隠居に “樽の大根” を伝授され、仕掛けに行く表情が飛び切り。
客席もようやく温まった感じ。

◆翁家勝丸 太神楽
鞘納め~五階茶碗~傘(毬・升・茶碗)

◆隅田川馬石 『鮑のし』
お家芸を愉しそうに演ってくれました。
馬石師の演出は “徹底的に壊れた甚兵衛さん” なのですが非常な好人物でもあるのですよね。

◆柳家小里ん 『一人酒盛』
こりゃまた凄い名人芸。
一人で吞むのは熊さん。呼ばれたのは留さん。
熊さんの酔い加減が絶妙。
次第に呂律が怪しくなっていくあたりなど、 “本当に呑っているのじゃ?” と思わせる程です。
最終盤の留さんの啖呵がまた切れていましたねぇ。
お見事。名演。

~仲 入~

◆ニックス 漫 才
一昨日の記事で妹さんの決め台詞を『そうですか』と誤記しておりました。
正しくは『そうでしたか』です ^^;
婚活根多、大谷石の蘊蓄などで上手に纏めました。
面白い。

◆古今亭菊志ん 『野ざらし』
彦いち師代演。
何と表現すれば良いのでしょう。 “売れているオーラ” とでも申しましょうか。客席の爆笑を誘う技術が素晴らしいですね。
懐かしい矢来町の型。
下がる際に弟弟子である文菊師の歩調を真似しました。
好高座。

◆伊藤夢葉 奇 術

◆五街道雲助 『干物箱』
若旦那の声色を使う貸本屋の善さんを紹介するのは幇間の一八ではなく、 “竹庵” としました。
『百年目』に登場する “お幇間医者” の雰囲気でしょうか。
一八より品の良い、高級幇間といった感じ。
お家芸ですからね、素晴らしい出来。文句なし。


今日もまた小里ん師の高座が秀逸。
雲助師匠も素晴らしい高座。菊志ん師も聴かせてくれました。
満足。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR