FC2ブログ

国立10中夜 10/18

10月18日(金)国立演芸場 夜席


昼席が跳ね、半蔵門方面へ歩いて早めの夕食。
再び国立演芸場へ。
霧雨が舞ってきました。


◆桃月庵あられ 『道灌』
うむ。矢張り達者ですね。
二つ目さんの高座といっても良い感じ。練れています。
ご隠居宅での読み違えを割愛して、速度感が増した印象。

◆桃月庵こはく 『初天神』
飴~団子~凧。
好い表情、明るい口調。和みますなぁ。

◆古今亭志ん陽 『風呂敷』
お家芸を面白可笑しく。
志ん生師の型をほぼ踏襲してくれました。

一つだけ。
“三尺の押入” ってのは、要するに襖一枚分の幅。
とすると、今夜の志ん陽師のように引き戸を開ける表現ではなく、開き戸を “開け放つ” 描写の方が適切でしょうね。
志ん生師、NHKの映像では開き戸で演っている筈です。

◆翁家勝丸 太神楽
“抜き扇” で扇子がめくりの近くまで飛びました。
矢張りかなりの力が加わっているのですなぁ。

◆隅田川馬石 『王子の狐』
いつも思うのですが、上がる料亭が扇屋でお土産が玉子焼き三人前となりますと、『百川』じゃないけれども丸っきりお店の宣伝みたいな噺ですよね。初手はそんな経緯があったのかしらん。
それにしても馬石師は動物が巧いなぁ。

◆柳家小里ん 『万金丹』
お得意の “二人旅” 風味の導入から本編へ。
実にこう “いい加減な奴” の表現が巧みなのですよね。
すっかり惹き込まれました。

~仲 入~

◆ニックス 漫 才
昼席と同様の “婚活根多” でしたが、若干詰めて演りました。
この “短縮版” の方が速度感が出て面白かったですね。

◆林家久蔵 『蛇含草』
夜席の彦いち師代演は、弟弟子の久蔵師。
彦いち師は “笑点” の話題など絶対に出しませんけれども、こちらは木久扇師匠の話題が半分。本編が半分。

◆伊藤夢葉 奇 術

◆五街道雲助 『夜鷹そば屋』
“何を演ってくれるのだろう?” と期待しておりましたところ・・・
なんと “飛び道具” とも言える『夜鷹そば屋』。
いきなり本編。
もうね、言う事ありませぬ。
すっかり、どっぷり “雲助ワールド” へ入り込みました。
昼席と異なり若い女性が多かった所為での根多選択なのでしょうけれども、大当たり。
緞帳が降りても感動の涙で席を立てないでいる女性がそこここにいらっしゃいました。

最後の惣吉の科白『俺のことを倅と呼んでくれねぇかい』からの『倅』、『ちゃん』。
ここで切っても良いのでしょうが敢えて “『夜鷹そば屋』でございます” と演題を明かしながら辞儀。
原作者への敬意、トリビュートの一言でしょうね。
いやぁ参った。恐れ入りました。
“有崎勉作、若林恒夫翻案” 『夜鷹そば屋』。
名演。


昼夜連続鑑賞で流石に疲労感。
しかし『夜鷹そば屋』の余韻が心地良し。
うむ、大満足。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

サヘイジ URL|
#- 2019.10.20 Sun10:13
まさしく寄席三昧!行かなかったのが悔やまれます。
喜洛庵上々 URL|
#- 2019.10.20 Sun15:53
出演人数が少な目の国立演芸場なので昼・夜いけると思いましたが、歳には勝てません。疲れました ^^;
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR