FC2ブログ

国立劇場十月歌舞伎公演 天竺徳兵衛韓噺 10/2

10月 2日(水)十月歌舞伎公演 天竺徳兵衛韓噺  国立大劇場


本日が初日の国立劇場十月歌舞伎は、成駒屋の芝居。
今年の出し物は『天竺徳兵衛韓噺』。演目の読みは「てんじくとくべえいこくばなし」。
“外連味が楽しめそうな上に「蛙茶番」で馴染があるから、観に行くか” と三宅坂。


四世鶴屋南北=作
国立劇場文芸研究会=補綴
通し狂言 天竺徳兵衛韓噺 三幕六場
国立劇場美術係=美術

序 幕 北野天満宮鳥居前の場
    別当所広間の場
二幕目 吉岡宗観邸の場
    裏手水門の場
大  詰 梅津掃部館の場
    奥座敷庭先の場


○天竺徳兵衛/座頭徳市/斯波左衛門  中村芝翫  
○梅津掃部  中村又五郎   ○梅津奥方葛城  市川高麗蔵
○山名時五郎/奴鹿蔵  中村歌昇   ○下部磯平  大谷廣太郎
○銀杏の前  中村米吉   ○佐々木桂之介  中村橋之助
○侍女袖垣  中村梅花   ○石割源吾/笹野才造  中村松江
○吉岡宗観/細川政元  坂東彌十郎
○宗観妻夕浪  中村東蔵


期待通り、肩の凝らぬ展開。
目を惹いたのは吉岡宗観、細川政元二役の坂東彌十郎丈。
昨年十一月の 名高大岡越前裁 における山内伊賀亮の敵っぷりもお見事でしたが、今年は宗観で悪役、政元では裁き役と、善悪を好演しました。
ちと客席が寂しい感じでしたが、観て楽しめる演目。もっと入って欲しいなぁ。
今日は高校生も(修学旅行かな?)一階席に座っていましたが、米吉丈が花道へ出て来た時の『おぉ~』という驚嘆の声が面白かったなぁ。
こうした初歩的な感心、感動、私も忘れないようにしなければいけませんな。

うむ、満足。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2019.10.03 Thu09:44
弟が大学に入った時に一幕だけ、歌舞伎座を奢りました。
感動があったなあ。
喜洛庵上々 URL|
#SFo5/nok Edit  2019.10.03 Thu11:32
それは思い出深いお話ですね!
寄席でも芝居でもごくたまに行くから印象が深いのでしょうね。
鑑賞が日常になっちゃぁいかん、近頃そんなふうに思えて来ました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR