FC2ブログ

劇団四季 ウェストサイド物語 10/31

10月31日(水)ウェストサイド物語 四季劇場[秋]

初日マチネ。
そろそろ観たいなぁ、と思っていましたら案内葉書が届き、
先行予約開始日(9/8)に早速電話を入れたところ、すぐに繋がるという幸運。
初日の良席を入手することが出来ました。

ベルナルドは?マリアは?誰が出演するのか非常に楽しみです。

主な出演者は次の通り。
◯リフ 岩崎晋也 ◯トニー 阿久津陽一郎 ◯ベルナルド 加藤敬二
◯マリア 笠松はる ◯アニタ 増本 藍 ◯チノ 斎藤准一郎 ◯ドック 石波義人
◯コンダクター 平田英夫


笠松の歌声が圧倒的。それとアニタ役の増本が歌、踊り、演技に存在感を示してくれました。

男性陣はやはり加藤。
身のこなし、踊り、ともに若手を凌駕するしなやかさ。
迫力ありましたねぇ~。

阿久津も素晴らしかった。

リフ役の岩崎の姿も好かったなぁ。
声の通りがやや残念ですが、舞台を壊す程ではありません。気になるというぐらいの感じ。

また、近頃の四季公演にしては珍しい「生演奏」なのが嬉しいですね。

『オペラ座の怪人』は劇中劇でコンダクターとの絡みがあるので生演奏が残りましたが、
他演目は殆どプレスコアリングに切り替わっています。
そんな中、生演奏は非常に嬉しい。
群像劇で大勢が交互に科白を喋りますから、生でないと歌い出しが合わないことも出てきそうですものね。

いやぁ~好かったなぁ。
もう一度と言わず、数回観たい感じ。

家人と二人、『トゥナイト』を背に家路へ。





Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR