FC2ブログ

三遊亭白鳥独演会 4/10  

 4月10日(火)三遊亭白鳥創作落語集~三遊亭白鳥独演会 にぎわい座

客演に橘家文左衛門師と国本武春師を迎えて、なにやら強面勢揃いの趣となりました。
今夜はどんな会になるのか・・・
白鳥師の『鉄砲のお熊』と文左衛門師『殿様と海(三遊亭白鳥作)』がネタ出しされています。
散り始めた桜舞う中、にぎわい座へ。
二階席は開けていませんが、一階客席はほぼ満席です。

◆三遊亭白鳥 『金のキョロちゃん』
幕が開くと、めくりが白鳥となっていたのでやや驚きましたが、
白鳥の湖の出囃が聞こえて開口一番で登場。
今夜の出演者を簡単に紹介しながら
『人には適材適所がある様で・・・』と噺へ入っていきました。
その身に「他人を幸せにする」プラスパワーを備えた「貧乏神の息子」が、
家業の貧乏神を継がせようとする親の思惑から、人間界へ「マイナス思考の修行」にやらされますが・・・。
白鳥師独特のテンポの良い喋りで、客席の爆笑を誘います。
災い転じて福となす、というテーマなのかなぁ。明るくて面白い噺でした。

◆橘家文左衛門 三遊亭白鳥作『殿様と海』
前方で白鳥師が『いま楽屋で、珍しく真面目に稽古しています』といじっていましたが
それを受けてか、出からしていつもとは違いました。
自信なさげに高座の真ん中まで出てきて、座布団の後ろに立ち客席を見回して中々座ろうとしない。
『ここでこの座についちゃうと、やらなきゃならないんだよなぁ』という思い入れを充分に見せつけて
ようやくと座ります。
まだ自身の噺にはなっていませんでしたが
最後半部で鮪に引きずられたり、鮪に乗って帰ったりの仕草、中々合っていましたョ。
是非ともまた高座で掛けて欲しいなぁ。

ここで仲入

◆国本武春 『松山鏡』
譜面台を前に椅子に腰掛け、三味線を弾きながら幕開き。
『白鳥さんの故郷、新潟にちなみまして』と前置きして
本職裸足の口跡できちんと上下をつけて落語『松山鏡』を。
と思いきや浪曲になったりロックになったり。
落語も達者でしたが、歌も三味線も物凄い迫力。
場面毎に切り替える伴奏も自ら手元でスイッチングしています。
もうなにもかもが圧倒的。
まさに「芸を見た」と言う感じですね。
(配られていたチラシで知りましたが、6月にはこのにぎわい座で独演会をされるとのことです)

◆三遊亭白鳥 『鉄砲のお熊』
『なでしこJapanで一躍有名になった撫子、あの撫子と言う花は可憐ではありますが地味な花でして・・・』と噺へ入っていきます。
互いに子供時分からの因縁のある三人が
女相撲の大関「鉄砲のお熊」
土地のならず者で元大相撲の関脇だと言う「蝮の権三」
江戸歌舞伎の人気女形「中村夢之丞」
とそれぞれ成長した姿となって故郷で織りなす物語。
仲入り前は紫紺の高座布団だったのに、銀鼠色のそれに替わったのは
てっきり「文左衛門師が折り曲げて乗ったりした為に、破れかほつれが出たのだろう」
と思いこんでいましたが、違った訳があったのですね。
抱腹絶倒の噺で、客席も大いに沸いていました。
面白かったなぁ。

跳ねて帰宅後、家人と『新作ってのはむしろ「原点回帰」なのではないか?』
な~んて書生論を展開していたのですが
とにかく今夜は理屈抜きに楽しかったとの結論が出て、就寝。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR