FC2ブログ

白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 12/14

12月14日(金)白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 にぎわい座

にぎわい座白酒ばなし。さぁ~て、今夜はどんな噺を掛けてくれるのか。楽しみです。

◆桃月庵白酒 『牛ほめ』
開口一番で登場。
羽織なし、前座さんといった風情で。
『今夜の助演は真打なので、仲入でみっちりやって貰いたい』など今夜の構成に触れながら学校寄席の話題などを枕に振って『牛ほめ』。
いつも感ずることですが、上手な噺家さんが前座噺を演ってくれますと、噺の面白さが浮き彫りになりますね。
お見事。

◆桃月庵白酒 『禁酒番屋』
一旦下がり、羽織を着て再登場。
忘年会、寄席落語会の打上げの様子などの話題から。
番屋の侍の描き込みが素晴らしい。
そしてその酔っていく様子、巧いなぁ。
大いに笑いました。

◆三遊亭歌奴 『佐野山』
まず呼出しや行司の声色で沸かせます。いい声を持ってらっしゃる。
『佐野山』というより『谷風人情相撲』と言うべきでしょうか。谷風の描き込みに力点をおいた演出。
面白かったなぁ。

~仲 入~

◆桃月庵白酒 『五人廻し』
登場人物の心理描写を正確にすれば、どんな噺でも客席を巻き込むことか出来る、という典型例が今夜の白酒師『五人廻し』。

『廊下ばたばた、胸どきどき』場面、布団を被ったり跳ねのけたりあたりは大笑い。
素晴らしい出来。


今夜はかつて地下の“のげシャーレ”で演っていた頃の雰囲気に似た会となりました。

気軽ないい時間だったなぁ、白酒師の会は肩が凝らなくていいなぁ、と独りごちながら家路へ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR